3443通信 オンライン  



  索引はこちら

ピアストラブル
原始信仰とピアス
エピソード1「床屋さんと瀉血」
自立心とピアス
自分たちでピアシングすると
その他のトラブル

エピソード2「ピアスの白い糸」
エピソード3「ピアス霜焼け事件」
トラブルの処置

外耳道異物
子供が耳穴におもちゃを入れたとき
昆虫が耳穴に入り込んだとき
水泳の耳栓が取れなくなったとき

子供の急性中耳炎
エピソード4「急性中耳炎と鼓膜切開のときの子供への説明」
エピソード5「急性中耳炎と髄膜炎」

耳の痛みや痒みを引き起こす2,3の疾患について
大人の急性中耳炎
子どもの外耳道炎
大人の外耳道炎
先天性耳瘻孔
外耳道ヘルペス
外耳道湿疹
エピソード6「耳痛と蜘蛛膜下出血」

耳が聞こえない
大きな声なら大丈夫?(難聴)
高齢化社会と老人性難聴
老人性難聴と補聴器
老人性難聴と滲出性中耳炎
エピソード7「難聴者の孤独な心理」

滲出性中耳炎
滲出性中耳炎とは?
小児の滲出性中耳炎
老人の滲出性中耳炎
成人病年齢の滲出性中耳炎
滲出性中耳炎の治療
滲出性中耳炎と水泳
エピソード8「中耳炎ワールドの冒険

慢性中耳炎と真珠腫性中耳炎
慢性中耳炎
真珠腫性中耳炎

めまい
ぐるぐる回る(回転感の強い)めまい
ふらふらする(動揺感・浮動感が強い)めまい
立ちくらみ様のめまい
つまづく、ころび易い、まっすぐ歩けない、など平衡失調型のめまい
エピソード9「診断に苦労しためまいの症例」

耳鳴り

突発性難聴
エピソード10「突発性難聴の形で発症した聴神経腫瘍」
エピソード11「アーノルド・キアリ奇形に合併した突発性難聴」

騒音性難聴
職業性難聴
音響性外傷
エピソード12「ロックコンサートでめまいを起こした女子大生」

外傷性鼓膜穿孔

耳の検査
画像診断
聴力検査
平衡機能検査

 

 


ピアス・トラブル

エピソード1「床屋さんと瀉血」

床屋さんのお店の前に看板として立っているグルグル回るシンボルは、何色から成っているかご存じですか?

そう、赤・青・白ですね。

そしてこの3色は、それぞれ動脈・静脈・包帯を表現しているのだそうで、つまり昔は床屋さんが外科医を兼ねていた証拠なのだそうです。

かつて幕末に漢方医が主流だった時代の日本では、内科的な治療が正統であって(これを「ほんどう」と称していました)外科的な治療は異端視されました。けれども膿瘍など急性の化膿性炎症が多かった当時、外科的な治療手段は劇的に有効で、オランダなどから移入された西洋医学は近代医学の基礎となりました。

これを見ると、西洋医学では伝統的に外科系が優位であったかのように錯覚されますが、事実はそうではありません。17世紀のヨーロッパでは、幕末の日本と同じように内科医が医学の本流だったのです。

E.コンゼンツィウス編「ヨーハン・ディーツ親方自伝」(白水社)には、こう書いてあります。

”当時、学識ある医師はまだ外科手術を手がけなかった。医学は、大学で学問を修め病人に内科的治療をほどこすドクトルと、外科医の職務を果たした理髪師の二つに区分されていた。当時外科医はまだ大学で勉強しなかった。理髪師親方のもとで修業したのである。(略)それから親方候補職人は、最後は傷の手当てをする医師としての本格的な修業の道を、いくさと戦場とに求めた。軍医を日々新たな課題に直面させた戦争こそ、外科医にとって最上の学校だったからである。」
(そう言えば、「セヴィーリアの理髪師」の中にも、床屋のフィガロとは別にドクトル・バルトロという名前の内科医が出て来ますよね。)

こうした理由から、その時代の外科的治療や瀉血は床屋さんに任されており、名残が現在の床屋さんの看板だという訳です。

前に戻る<< >>次ヘ進む
トップページへ 最新記事へ