3443通信 オンライン  



  索引はこちら

ピアストラブル
原始信仰とピアス
エピソード1「床屋さんと瀉血」
自立心とピアス
自分たちでピアシングすると
その他のトラブル

エピソード2「ピアスの白い糸」
エピソード3「ピアス霜焼け事件」
トラブルの処置

外耳道異物
子供が耳穴におもちゃを入れたとき
昆虫が耳穴に入り込んだとき
水泳の耳栓が取れなくなったとき

子供の急性中耳炎
エピソード4「急性中耳炎と鼓膜切開のときの子供への説明」
エピソード5「急性中耳炎と髄膜炎」

耳の痛みや痒みを引き起こす2,3の疾患について
大人の急性中耳炎
子どもの外耳道炎
大人の外耳道炎
先天性耳瘻孔
外耳道ヘルペス
外耳道湿疹
エピソード6「耳痛と蜘蛛膜下出血」

耳が聞こえない
大きな声なら大丈夫?(難聴)
高齢化社会と老人性難聴
老人性難聴と補聴器
老人性難聴と滲出性中耳炎
エピソード7「難聴者の孤独な心理」

滲出性中耳炎
滲出性中耳炎とは?
小児の滲出性中耳炎
老人の滲出性中耳炎
成人病年齢の滲出性中耳炎
滲出性中耳炎の治療
滲出性中耳炎と水泳
エピソード8「中耳炎ワールドの冒険

慢性中耳炎と真珠腫性中耳炎
慢性中耳炎
真珠腫性中耳炎

めまい
ぐるぐる回る(回転感の強い)めまい
ふらふらする(動揺感・浮動感が強い)めまい
立ちくらみ様のめまい
つまづく、ころび易い、まっすぐ歩けない、など平衡失調型のめまい
エピソード9「診断に苦労しためまいの症例」

耳鳴り

突発性難聴
エピソード10「突発性難聴の形で発症した聴神経腫瘍」
エピソード11「アーノルド・キアリ奇形に合併した突発性難聴」

騒音性難聴
職業性難聴
音響性外傷
エピソード12「ロックコンサートでめまいを起こした女子大生」

外傷性鼓膜穿孔

耳の検査
画像診断
聴力検査
平衡機能検査

 

 


耳が聞こえない

大きな声なら大丈夫?

耳が聞こえないこと、つまり難聴については、実に多くの誤解もしくは理解不足が、常につきまとっています。いちばん大きな誤解は、耳が聞こえないならば大きな声で話してやれば聞こえるはずだ、という単純なものです。

もちろんそれは本当にちょっとした、しかしそれだけになかなか容易に理解してもらえない、そんな勘違いなのです。それにはいくつかの理由があります。

理由の第一は、耳の聞こえの悪さにはいろいろなタイプがあり、そのタイプによってまるで聞こえ方が異なる、ということです。例えば老人性難聴では高音域、つまりカン高い音の方から聞こえが悪くなるものですが、その際にはこんな現象が起こります。まず男性では、ご自分の奥さんの声が聞こえにくくなります。別に奥さんが嫌いになった訳ではなく、奥さんから逃げ回っているということでもありません。奥さんのことが実は心の底では恐ろしくって、だから心理的な無意識の抑制が働いている、などと勘繰らないでください。奥さんの声は一般に男性の声に較べて高音域に主成分があるから、すなわち高い声で話をするから、高い音の苦手な老人にはその声が聞こえにくい、それだけなのです。奥さんは、どうぞご心配無く。

高い音が苦手ですと話し掛けられても、話をされていることは判るが話の内容はまるで判らない、そんな奇妙なことも起こります。それは言葉の音の構成成分の問題です。例えば”アイウエオ”といった母音は成分が比較的低い音域にあります。それに対して”サシスセソ”などの子音は、成分が高い音域にあります。そうすると、高音域の聞こえの悪い老人では、言葉のはしばしを形成する”サシスセソ”を、言われた場合に良く聞こえない、という結果となります。”アイウエオ”はちゃんと聞こえるのですけれどもね。このために老人性難聴では会話の際、話をされていることは判るが言葉のはしばしが聞き取れず、話の内容は皆目理解できない、ということになります。

それから、こんなこともあります。隣の家のおばあちゃんに声を懸けるとき、小さな声で「おばあちゃん」と呼び掛けても聞こえません。それなら、と大きな声で「おばあちゃん!」と叫ぶと、おばあちゃんはこう応えます。「なんだよ、うるさいね」と。

おかしいとは思いませんか?小さな声じゃ聞こえないから、とわざわざ大きな声で叫んでいるのに「うるさいね」だなんて。

実はこれは、耳の中の内耳の神経がダメージを受けているときの特徴なのです。”補充現象”と名付けられていますが、小さな音はまるで聞こえないくせに、大きな音はいきなり喧しく聞こえる、そんなことが現実に起こるのです。ですから、おばあちゃんたちに声を懸けるときには決して大きな声を出さず、耳もとではっきり発音してやった方が、良く判ってもらえ「うるさいね」などと言われずに済むのです。これが、難聴の誤解され易い第二の理由です。

第三に年をとると脳も老化し、語音弁別能と言いますが、言葉の判別能力が衰えます。これも、会話の内容を理解しにくくなる原因の一つです。

こんな訳で、耳が聞こえないと言ってもその実態はさまざまです。大きな声が難聴に対して万能ではない、それをお判り頂けましたでしょうか?

前に戻る<< >>次ヘ進む
トップページへ 最新記事へ