3443通信 オンライン  



  索引はこちら

ピアストラブル
原始信仰とピアス
エピソード1「床屋さんと瀉血」
自立心とピアス
自分たちでピアシングすると
その他のトラブル

エピソード2「ピアスの白い糸」
エピソード3「ピアス霜焼け事件」
トラブルの処置

外耳道異物
子供が耳穴におもちゃを入れたとき
昆虫が耳穴に入り込んだとき
水泳の耳栓が取れなくなったとき

子供の急性中耳炎
エピソード4「急性中耳炎と鼓膜切開のときの子供への説明」
エピソード5「急性中耳炎と髄膜炎」

耳の痛みや痒みを引き起こす2,3の疾患について
大人の急性中耳炎
子どもの外耳道炎
大人の外耳道炎
先天性耳瘻孔
外耳道ヘルペス
外耳道湿疹
エピソード6「耳痛と蜘蛛膜下出血」

耳が聞こえない
大きな声なら大丈夫?(難聴)
高齢化社会と老人性難聴
老人性難聴と補聴器
老人性難聴と滲出性中耳炎
エピソード7「難聴者の孤独な心理」

滲出性中耳炎
滲出性中耳炎とは?
小児の滲出性中耳炎
老人の滲出性中耳炎
成人病年齢の滲出性中耳炎
滲出性中耳炎の治療
滲出性中耳炎と水泳
エピソード8「中耳炎ワールドの冒険

慢性中耳炎と真珠腫性中耳炎
慢性中耳炎
真珠腫性中耳炎

めまい
ぐるぐる回る(回転感の強い)めまい
ふらふらする(動揺感・浮動感が強い)めまい
立ちくらみ様のめまい
つまづく、ころび易い、まっすぐ歩けない、など平衡失調型のめまい
エピソード9「診断に苦労しためまいの症例」

耳鳴り

突発性難聴
エピソード10「突発性難聴の形で発症した聴神経腫瘍」
エピソード11「アーノルド・キアリ奇形に合併した突発性難聴」

騒音性難聴
職業性難聴
音響性外傷
エピソード12「ロックコンサートでめまいを起こした女子大生」

外傷性鼓膜穿孔

耳の検査
画像診断
聴力検査
平衡機能検査

 

 


突発性難聴

エピソード10「突発性難聴の形で発症した聴神経腫瘍」

突発性難聴のような急性難聴を示す例の中に聴神経腫瘍を見いだすことは、CTやMRIの発達によって今では稀ではありません。けれども、他の中枢神経疾患の併存などのために病態の本質が見えず、診断に手間取る症例は時に存在します。

私も脳性麻痺が当初より存在し、そこへ突発性難聴の形で発症した聴神経腫瘍の症例で、診断に苦労した経験があります。

この方は、生後数日目からの強い黄疸を経験し、脳性麻痺となっていました。今から約20年前でしたが、突然の左側難聴と耳鳴に気付きました。もともと脳性麻痺の運動障害はありましたが、難聴の出現と同時に動揺感が出現し、手摺りに掴まらないと階段を歩けなくなりました。

症状の出現の3ケ月後に私のもとを受診したのですが、鼓膜はなんともないのに左側の高度難聴が見られました。温度眼振検査という三半規管の検査では、左側三半規管の麻痺が証明されました。内耳道の断層写真で左側内耳道の骨が破壊されている所見が判り、聴神経腫瘍が疑われたのですが、そこからの検査がこの方では大変でした。

当時MRIは開発されておらず、CTも撮影に時間が懸かったため、精神的な緊張でふるえなど不随意運動の起こる脳性麻痺のこの方では、はっきりした画像が得られません。音刺激により脳波を記録するABR(後述)という検査も、一般的には聴神経腫瘍に有用なのですが、やはり精神的緊張による不随意運動でうまく記録できませんでした。

聴神経腫瘍が大きくなると、小脳を圧迫して中枢性のめまいを生ずるので小脳の機能検査も重要なのですが、この方ではやはり不随意運動のために正確な検査ができません。

最終的にこの方は、いくつかの検査の総合的所見から聴神経腫瘍にほぼ間違い無いと判断され、麻酔薬を使用してのCTで確定診断を行ないました。

CTでは腫瘍内部に出血のある、かなり大きな聴神経腫瘍がはっきり写っていました。ゆっくりと発育するために、急激な症状を起こしにくい聴神経腫瘍ですが、腫瘍内の突然の出血のために突発的に大きくなり、内耳の血管を圧迫して急性の難聴を発生したものと考えられました。

この方は、そんな訳でかなり大きくなってから腫瘍が発見されましたので、開頭手術となりました。非常に珍しい合併例でしたのでこうした経過は止むを得ませんでしたが、一般的にはこれほど診断に苦労せずに済むものです。

 

前に戻る<< >>次ヘ進む
トップページへ 最新記事へ