3443通信 オンライン  



  索引はこちら

ピアストラブル
原始信仰とピアス
エピソード1「床屋さんと瀉血」
自立心とピアス
自分たちでピアシングすると
その他のトラブル

エピソード2「ピアスの白い糸」
エピソード3「ピアス霜焼け事件」
トラブルの処置

外耳道異物
子供が耳穴におもちゃを入れたとき
昆虫が耳穴に入り込んだとき
水泳の耳栓が取れなくなったとき

子供の急性中耳炎
エピソード4「急性中耳炎と鼓膜切開のときの子供への説明」
エピソード5「急性中耳炎と髄膜炎」

耳の痛みや痒みを引き起こす2,3の疾患について
大人の急性中耳炎
子どもの外耳道炎
大人の外耳道炎
先天性耳瘻孔
外耳道ヘルペス
外耳道湿疹
エピソード6「耳痛と蜘蛛膜下出血」

耳が聞こえない
大きな声なら大丈夫?(難聴)
高齢化社会と老人性難聴
老人性難聴と補聴器
老人性難聴と滲出性中耳炎
エピソード7「難聴者の孤独な心理」

滲出性中耳炎
滲出性中耳炎とは?
小児の滲出性中耳炎
老人の滲出性中耳炎
成人病年齢の滲出性中耳炎
滲出性中耳炎の治療
滲出性中耳炎と水泳
エピソード8「中耳炎ワールドの冒険

慢性中耳炎と真珠腫性中耳炎
慢性中耳炎
真珠腫性中耳炎

めまい
ぐるぐる回る(回転感の強い)めまい
ふらふらする(動揺感・浮動感が強い)めまい
立ちくらみ様のめまい
つまづく、ころび易い、まっすぐ歩けない、など平衡失調型のめまい
エピソード9「診断に苦労しためまいの症例」

耳鳴り

突発性難聴
エピソード10「突発性難聴の形で発症した聴神経腫瘍」
エピソード11「アーノルド・キアリ奇形に合併した突発性難聴」

騒音性難聴
職業性難聴
音響性外傷
エピソード12「ロックコンサートでめまいを起こした女子大生」

外傷性鼓膜穿孔

耳の検査
画像診断
聴力検査
平衡機能検査

 

 


耳の検査

平衡機能検査

内耳の前庭がめまいに関わっているところから、耳の機能検査の一環として平衡機能検査が行なわれます。

まずごく簡単な平衡機能検査として、被験者にまっすぐ立ってもらい、体のふらつきが見られないかどうかチェックする方法があります。目を開けたときと閉じたときを較べて、そのふらつきの程度を比較します。単に立たせるだけでなく、歩かせたり足踏みさせたりして検査する手法もあります。

もっとも一般的なめまいの検査は、眼球運動の異常を観察する方法です。これは眼振(眼球振盪の略です)と言って、めまいがあって体が倒れそうになるときには、それと反対方向に向かう律動的な眼球運動が見られるので、それを検出するのです。この検査は、フレンツェルの眼鏡と称する特殊な眼鏡で目を覆って、実施されることが多いものです。

上向きに寝かせて部屋を暗くし、フレンツェル眼鏡を使用して頭の位置をかえながら行なうめまい検査は、内耳の機能を調べる上で重要です。

さらにフレンツェルを装着して、耳に冷たい水や暖かいお湯を注入する検査(温度眼振検査)、体を回転させて眼振が発生するかどうかを見る検査(回転刺激検査)も、内耳の機能検査として行なわれます。

フレンツェル眼鏡の代わりに目の周囲に電極を装着し、眼球運動を電気的に把握する検査もあります。電気眼振計(ENG)と呼ばれるこの方法は、目で指標を追い掛けそれがスムースに可能かどうかを調べる視標追跡検査(ETT)や、視覚刺激による眼振をチェックする視運動性眼振(OKNやOKP)検査に活用されます。これら2つの検査は、脳幹や小脳に原因のあるめまい疾患の検出に、とても役立ちます。

前に戻る<<
トップページへ 最新記事へ