3443通信 オンライン  



索引はこちら

 


アレルギー性鼻炎

日本におけるスギ花粉症増加

前項の英国におけるカモガヤ花粉症出現の経緯とほぼ等しいことが、戦後の日本で起こりました。スギ花粉症の激増です。

第二次世界大戦前は見られなかったスギ花粉症が、戦後になって激増した原因として3つの要因が考えられます。1つは、アレルギーの原因物質(アレルゲンと言います)である、スギ花粉そのものの増加

もう1つは、動物性蛋白質や動物性脂肪の摂取量が増加し、人体内の抗体産生能力が強くなったこと。これは最初の例え話で説明するならば、防衛能力が強くなって過剰防衛を起こし易くなった、ということでしょうか。 さらにもう1つ、アレルゲンであるスギ花粉を人体まで運ぶ媒体である大気の、条件が悪化したこと。この条件悪化とは、大気汚染とは限らないのですけれど。

これら3要因の中でもスギ花粉症に関しては、第一のアレルゲン量の増加が明確です。 なぜなら第二次世界大戦の直後、復興のために山々の木々は切り倒され、その跡はハゲ山になりました。するとちょっとした雨でも大洪水になったりして、治水や治山の問題が生じます。それを防ぐ目的で、1950年代に全国一斉に杉の植樹が行なわれました。

杉はそのほとんどが、樹齢30年近くになると毎年一定量の花粉を飛散させるようになります。ですから1950年代に飢えられた杉の木は、樹齢30年となる1980年前後に大量の花粉を飛ばせる計算になります。

そして確かに、日本でスギ花粉の大量飛散が最初に起きたのは1976年で、1979年には社会問題にまで発展しています。さらにそれ以降、スギ花粉の飛散量は増加する傾向にあり、その傾向とスギ花粉症の増加状況との間には、密接な関係があります。

つまり他の要因はいくつか考えられるにせよ、スギ花粉飛散量の増加とスギ花粉症激増とは関連があり、それは戦後の杉植樹の結果だということが判ります。

こうした経過は、どうでしょう、英国における世界初の花粉症出現の様子と、実に良く似ていると思いませんか?

トップページへ 最新記事へ