3443通信 オンライン  



索引はこちら

 


咽喉頭異常感症

エピソード14
「咽喉頭異常感症として耳鼻科医を受診したうつ病の女性」

しつこい咽喉頭の違和感を訴え、精査のために私のもとへ紹介された35歳の女性がいました。この方はのどには何の所見も見られませんでしたが、心理検査で強いうつ状態にあることが判りました。

当初この方は抗うつ剤が良く効いて、うつはかなり軽快して来ました。しかしある時期、身辺に不幸が相次いだのをきっかけに、再び強いうつにはまり込んでしまいました。

そんなときのこの方の表情は、まるで石のように硬く沈うつでした。

私は自殺の危険性を感じ取り、この方に私のスケジュールをすべて伝え、何かあったら必ず私に電話を入れるよう指示しました。うつ病は生真面目な性格の人がなりやすく、約束は几帳面に守るからです。

電話は来ました。電話越しに啜り上げる涙声でこの方は、親戚から侮辱されたことを理由に、一人娘を道連れに心中したいと言います。

電話を通じて私は話を聞き出し、説得して自殺を思い止まらせ、翌朝また電話を架けて来るよう約束させました。

そしてその翌朝、この方からの電話を受け取ったときの、うれしいようなホッとしたような何とも表現できない気持ちを、私は一生忘れないでしょう。

トップページへ 最新記事へ