3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

暮らしとアレルギー<19>

 結露ができやすい部分が家屋の中にある場合には、その原因を明らかにしておいた方がよいでしょう。壁沿いに家具をたくさん置くと、暖気が家具の裏側に入りにくく、湿度がそこだけ上昇して結露となります。  家具を密に配置しないのも方法の一つですが、連続暖房で壁の温度を一定に上げておくと、結露は消失します。
ただし「ヒート・ブリッジ」と言って、壁の中に支えのための鉄骨がむき出しに近い状態で挿入されていると、壁面のその部分のみ温度が低く、そこに結露します。

 最近エア・サイクル住宅と称して、壁の内側に空気の流動するスペースを作り、壁がまったく同じ温度になるよう試みているメーカーもあります。これは、室内の温度が一定になり湿度も一定化しますから、一つの方法かとは思います。  換気の悪い密閉された室内で洗濯物を干すのは、絶対にやめてください。湿度が上昇しますから。

 水回りの換気にも十分注意して、湿度の高い空気が部屋の隅に停滞することのないよう、気を配ってください。 ただでさえ水回りは温度が低くなりがちで、湿度の高い場所なのですから。

 ペットブームは、難しい問題です。現代社会の殺伐たる風潮や核家族化などの中にあって、ペットを中心に家族が心を通い合わせるのは、それなりの効果があるからです。  ただし、特定の動物にアレルギー反応を示す人の多いことも事実であり、室内でペットを飼う場合には、ペットによる湿度の上昇や毛や上皮の脱落によるダニの繁殖も考慮せねばなりません。  屋内で飼うなら、特定のコーナーに限定し、清潔を保つということが必要最低限の条件でしょう。

 徹底して掃除をするのは、ダニやHD(ハウスダスト)除去に有効です。この場合、掃除機のフィルターの目が0.3ミリよりも細かくないと、床のダニを空中に巻き上げるだけでおしまいです。  掃除機の排気ホースを長くして、屋外に出すよう工夫している掃除機もありますが、なかなか考えるものだと感心しています。

 花粉症では、自分が何の花粉にアレルギーがあるのか、その花粉の発生源はどこかをよく知り、それを避けることが原則です。攻撃(予防)に勝る防御は、あり得ないのです。

関連リンク: 用語集 アレルギー性鼻炎
トップページへ 暮らしとアレルギー<20>へ 暮らしとアレルギー<18>へ