3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

スタッフ紹介

◆ 看護課:小野 由起子さん

仙台で暮らし始めてこの3月で9ヶ月になりました。仙台の冬は寒くても雪は少ないと聞いていたのに、今年の冬は雪がたくさん降ってびっくりです。

でも以前住んでいた埼玉の大宮に比べると、自然に囲まれおいしい海の幸・山の幸に恵まれた仙台はとても暮らしやすく、良いところにお嫁に来たと思っています。春の桜もきれいだということで大変楽しみにしています。

その様な中で、三好耳鼻咽喉科クリニックに就職し1ヶ月が経ちました。のんびり屋でおっちょこちょいの私ですので、スタッフの皆様にはまだまだ多大なご迷惑をおかけすると思いますが、一つずつ確実に覚えるようがんばりますのでよろしくお願い致します。

また、看護婦になった当初からのモットーである、笑顔とやさしさを大切に患者様のお役に立てるよう励んでいきたいと思っています。

花粉症の季節は来院する方も多く忙しく慌ただしい日々となるでしょうが、そんな中でも笑顔で接する事ができるよう、努力していきたいと思います。

子供の患者様にも親しんで頂き、少しでも来院が苦にならないようお手伝いできたらと思っています。こんな私ですがどうぞよろしくお願い致します。

◆  看護課:岡野 由美さん

はじめまして。岡野由美と言います。 2月頃より三好耳鼻咽喉科クリニックで働かせてもらっています。

実はまだ学生で、学業の合間に来させてもらっているので、まだ私を見かけたことのない患者さんも多いと思います。一応、看護婦ですが、実際に現場に出たことがないため、只今勉強中といったところです。

出身は仙台ではなく、遠い関西です。仙台に来てもうすぐ1年ですが、まだまだこちらのことはよくわからないので、機会があればいろいろお話を聞かせて下さい。

仕事中は、元がそそっかしいのと、不慣れなために、患者さんにご迷惑をおかけしてしまうこともあるかもしれませんが、私なりにがんばっていきたいと思っていますので、気づいたことがあれば、遠慮せず声をかけて下さい。これからもどうぞよろしくお願いします。

◆ 看護課:千葉 真沙美さん

皆さんこんにちは。千葉真沙美と申します。私がこの耳鼻科で働き始めてから3週間ほどになりますが、ようやく仕事に慣れてきたという感じがします。

手際よく検査を進められなかったり、何か尋ねられてもすぐ答えられなかったりして時間をとらせてしまったりもしましたが、かえって患者さんに優しい言葉を掛けていただき、とても励みになりました。

三好耳鼻科にはじめて来たときの印象として子供の患者さんにできるだけ恐怖感を与えないような配慮が至る所になされていることに驚きました。私自身、小さい頃は「病院は恐い所」というイメージが強くあった様に思います。しかし、先生やスタッフの方々は、そう思われないような対応を心掛けていらっしゃるということがよくわかりました。

なるべく苦痛をなくし、笑顔で接していけるように努力をしていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いします。

◆  事務課:三浦 美世子さん

勤め始めてから2週間と、まだまだ日は浅く、先輩方のご指導のもと毎日無我夢中で仕事をしているところでございます。 実際に患者さんとお話ししたり、自分のやるべきことを把握してきたりすると、1日でも早く仕事に慣れ、臨機応変に対応できるようにならなくてはと、一生懸命仕事に取り組んでおります。

また、耳鼻咽喉科に関することも、患者さんの方や先輩方からいろいろと学び、大変勉強になっております。日々勉強の毎日ではございますが、私なりにきちんと対応できるようにがんばってまいりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

これからますます花粉のひどくなる時期になりますので、予防対策などしながらお過ごしになり、お大事になさって下さい。

◆  事務課:田切 幸恵さん

はじめまして。田切幸恵と申します。

はじめに、軽く自己紹介をしたいと思います。大学を卒業して一度介護職につき、その後医療事務の勉強をして就職活動をしていた所、アルバイト採用していただきました。趣味はお菓子作りです。お菓子が好きな人は是非声をかけて下さい。チーズケーキでもシュークリームでも何でも作ります。

さて、私が勤め始めて、早くも1週間が過ぎようとしていますが、まだまだ知らない事ばかりで毎日が勉強の連続です。この仕事は正確さが大事だと改めて感じました、一つ一つ何度も確認し直す先輩方の姿勢はあわて者の私にとって真似すべきものだと思いました。

一つ一つ丁寧にこなしていく姿勢を身につける事を目標に仕事を覚え、少しでも早く皆様のお力になれる様がんばりたいと思います。 覚えの悪い私ですが、これからどうぞ宜しくお願いします。

トップページへ 次へ もどる