3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

Q:鼻の入り口付近に湿疹ができた。 鼻毛抜きのクセは治すべき?

自分でも奇妙だと思うのですが、鼻毛を抜くクセがとまりません。ヒマなとき、気がつくとやってしまっていて?。

そんなある日、鼻の入り口付近に湿疹ができ、皮膚が荒れてかさぶた状になってしまいました。鼻水にも血が混じっています。あきらかに、鼻をホジるのが原因なんだとは思いますが、それでも一度染み込んだクセなので、なかなかやめることができない状態です。

このかさぶたが、重大な病気に発展していく危険性はあるのでしょうか。あるとすれば、それはどのようなものなのでしょうか。よきアドバイスをお願いいたします。  

(25歳/男性)

A:大事に至ることはないが、アレルギーなどの疾患の疑いも

結論から先に申しあげれば、鼻をいじり過ぎたとしても、さほど重大な病気を心配する必要はありません。

たしかに昔は、鼻をいじって傷がつき細菌感染を生じて「面疔(めんちょう)」と呼ばれる、ひどいおできを鼻入り口部分にこしらえることもありました。

当時は、この部分が熱を持ち、また膿が出たりして、かなりつらい思いをする人が多かったと聞いています。

けれども近年は、抗生物質の普及などもあって、そのような状態にまで至ることは、まずありません。この点、どうぞご安心下さい。

お話の鼻血は、鼻の真ん中のしきいに相当する鼻中隔の粘膜の、鼻の先端にあるキーセルバッハ部位と呼ばれる箇所からの出血と思われます。

この部位には、鼻の中のおもな血管が集中しており、ちょっとした傷でも出血しやすいのです。なんとなく鼻をいじっているうちに、うっかりそこをひっっかくと、なかなか出血が止まりにくくなってしまいますので、くれぐれも用心して下さい。

ところで、あなた自身がそんなにしつこく鼻をいじりたくなるのでしたら、その背景には、アレルギーや副鼻腔炎など、なんらかの疾患が隠れている可能性も考えられます。

一度そうした疾患について、耳鼻科で調べてもらうとよいと思います。

もしも何も病気が見つからなくとも、鼻入り口部に塗布する軟膏を処方してもらうことによって、湿疹やかさぶたがかなり楽になります。この点、じゅうぶんにご考慮下さい。  

(三好耳鼻咽喉科クリニック院長 三好 彰)
「ホスピタウン2月号掲載」

 
関連リンク: 用語集 鼻出血
トップページへ 次へ もどる