3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

最近、耳鳴りがひどくなってきました

Q:ストレスなどの心理的な要素も関係してくるのでしょうか

最近、耳鳴りがひどくなってきました。セミがジージー鳴くような音がしたり、コマがブ?ンと回るようであったり、はたまたキーンという金属音がしたりというように、非常に不快な感じが消えません。

加えて耳のつまった感じもするので、心配でたまりません。

最近仕事でストレスがたまっているな、と自分でも思っています。耳鳴りは、そういった心理的な要素からくることもある、と人づてに聞きました。

どうかこの私に、よろしくアドバイスのほどお願い申し上げます。
 

(33歳/女性)

A:比較的治りにくいものの一つ 心理的もしくは精神的に対する治療も行なう

耳鳴りというのは、数ある耳の症状の中でも、比較的治りにくいものの一つです。

なぜかというと、内耳性難聴(聞こえの悪いこと)と同じように、耳の中の内耳神経がダメージを受けていることによる症状だからです。内耳は外から耳へ入ってきた音の音波の振動を、物理的エネルギーから脳へ伝わる電気的エネルギーに変換する役割を果たしています。

この内耳神経のダメージのために、電気的エネルギーの発生できなくなった状態が難聴で、逆に異常放電するようになった状況が耳鳴りです。

内耳性難聴(俗に神経性難聴とも呼ばれます)が、治療しても改善しにくいことはよく知られています。同様に、内耳神経のダメージが原因となっている耳鳴りは、治療してもなかなか効果が表れません。

加えて耳鳴りには、心理的要素が関わってきます。耳鳴りの音量に変化がなかったとしても、そのときの精神状態で耳鳴りが気にならなかったり、また逆にひどく気になったりということが起こるのです。

とくにストレスがたまっていてうつ状態になると、耳鳴りのために仕事が手に付かない、という事態も生じ得ます。

そんな場合には、耳そのものに対する治療だけでなく、心理的もしくは精神的側面に対する治療を行います。

またあなたの場合は耳鳴りの他に耳のつまった感じ(耳閉感)もあるようです。もしかすると滲出性中耳炎の可能性もありますから、一度耳鼻科で確認なさってください。

(月刊ホスピタウン9月号掲載)

 
関連リンク: 用語集 耳なり
トップページへ 次へ もどる