3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

ドクター紹介  
時海波先生紹介

7月17日から26日までの約10日間滞在され、PSG(クリニックに一泊し、睡眠時無呼吸の検査をすること)を担当していただきました。本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
三邉先生PHOTO
三邉先生PHOTO
左から 院長・お嬢さん・時先生 
   

 中国南京医科大学第一附属病院耳鼻咽喉科教室の時 海波と申します。大学時代にも南京医科大学国際鼻アレルギーセンターで、お手伝いした事が有りますが、95年の就職後、メンバーの一員になり、アレルギーの研究を真剣に始めました。センターでは広い範囲でアレルゲン花粉の採集、鑑別等から住民に対する花粉症の検査まで、花粉症疫学的な特徴を事実から把握し、「なぜ花粉症が急に増えたか」等の問題について検討してきました。結局、科学的に俗説を否定し、新たな仮説を提案しました。

 2002年からはセンターより推薦して頂き、九州大学大学院耳鼻咽喉科教室で勉強しております。この数年間に、花粉症と共に味覚障害、聴覚障害、睡眠障害など色々な耳鼻科分野の研究を担当し、多くの方々からのご協力で、来年の3月に卒業し博士学位を取ることになっております。これからも勉強すべき事がたくさん有りますので、どうかご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

(時 海波)
 
関連リンク: 用語集 ドクター紹介
トップページへ 前ページへ