3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

患者110番

コンサートの後で聞こえが悪くなった。予防法はありますか?

Q コンサートの後で聞こえが悪くなった。予防法はありますか?
一カ月前、友人とロックコンサートに行ったのですが、家に帰った後、音が聞こえにくく、自分の声がこもって響くような変な感じがしました。一晩寝たら治ったのですが、それ以来、コンサートには怖くて行けません。どうしてそういう症状が起こったのでしょうか?予防する方法はありますか?
(28歳・男性)
   
コミック:難聴・早期発見伝
ストレス性難聴がテーマの医学コミック
コミックの内容はこちらのページでご覧いただけます

耳(内耳)には、音を感じる蝸牛が存在しています。これは繊細な感覚器で、音の物理的圧力(音圧)を電気的的信号に変更して脳へ伝えるという役割があります。いわばスイッチのような動きをしているのです。

●大音量の刺激による音響性外傷
ボタン式スイッチをうまく作動させるためには、適度な圧力でプッシュするのが一番。思い切り全身の力を込めてスイッチを叩いたら、スイッチはへこんでしまいます。そうなったら、電気信号が適切に送られるところか、スイッチ自体がもとに戻らなくなってしまいます。

内耳の音を感じる神経細胞も、これと同じです。適度な音量で音を聞いているうちは適切な信号を脳に送りますが、殴りつけるような大音量で刺激されたら、神経細胞はもとに戻らなくなってしまうかもしれません。

これを「音響性外傷」と称するのですが、今回のご相談はまさにそれにあたりまます。幸い体力の回復とともに聴力も戻ったようですが、いつも幸運に恵まれるとは限りません。

●内耳は不意の騒音には無防備

内耳は予期される大音量には予防的機構が働きますが、不意の騒音には無防備です。ディスコやロックコンサートの会場では、音響条件によって不用意に強大音にさらされることがあります。また内耳も体の一部ですから、睡眠不足など体力の十分ではない時にダメージを受けやすいものです。体調不良時のコンサートには用心しましょう。

なお、このような音響性外傷を患った場合は、できるだけ早期に耳鼻科を受診することがとても重要ですので、心がけるようにしましょう。

  三好耳鼻咽喉科クリニック院長・南京医科大学教授
三好 彰
関連リンク: 用語集 難聴
トップページへ 前ページへ