3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集
 
院長がCBCラジオの取材を受けました
 

女性アナウンサー(F) 三好院長(M) 男性アナウンサー(A)

F 先生、耳垢を取らずに放っておくとどうなるんですか?
M 原理的には自浄作用が働いて、外へ出る可能性が高いと思います。
耳の穴の皮膚の新陳代謝でもって外側というか、皮膚が固くなって出てくるわけですけども。
F じゃあ放っておいてもいいような気がするんですけど。
M ですからそれに耳垢腺からの分泌物だとかやわらかいものがくっついてへばりつくと動かなくなるわけですよ。
F あー、じゃあそれをとってあげないと次の新陳代謝が止まってしまうというような?
M そうですね。そこでストップしちゃうってことですよねー。
F 耳掃除はどれくらいの頻度で?
M まあ一般的には1週間に1回くらい掃除すればいいんじゃないかというふうに言われてますよね。
F やりすぎるとあんまりよろしくないとか?
M やりすぎると刺激をしてよく耳の癌の原因ともなるそうですよ。
F ああそうなんですか。
なんか怖い話になってますけども。
F 実はまあ耳垢というのは放っておいてもまるでこうベルトコンベアのように耳の穴の出口のほうまで勝手に出てくるんですって。
M すごいですね。
F ただ耳垢に脂などが混じると、耳の穴の出口付近に溜まっちゃって、で耳を塞いじゃうことも有り得ないことではないんだそうです。実際に三好先生も中国で耳垢が溜まって耳が聞こえにくくなったお年寄りをみたことがあるそうで。その方ね、だいたい70歳くらいだったそうですから、70年耳垢を掃除しないで放っておくと聞こえなくなるかもしれない。
70年!?その人は放っておいた?
F 中国の田舎のおばあちゃんがそうだったそうですよ。だからやっぱり耳掃除はある程度したほうがいいんでしょうけれど。
耳掃除するときは一体どういうのが一番正しいやり方なのか?
F そうですね、そのあたりも気になります。三好先生です。
M 原則的に耳かすが溜まるのは入り口に近いところなんですよ。つまり耳の穴というのは外側がその柔らかい軟骨部分から出来ていて奥が骨でてきていますけども、耳垢腺だとかそういった分泌腺があるのは耳の外側なので、そこにしかできないはずなんです。だからほんとはその手前のほうを引っかくだけで十分足りるはずなんですけども。
F あ、そうなんですか。上手な耳掻きの方法って先生、何かあります?
M 耳掻きをしていて痛くなってしまうのはもう皮膚が薄くなっていて、もう骨性外耳道の部分ですからそこはまったくやる必要はない。だから手前の柔らかい部分、掻いて気持ちが良いところをなるべくこう外へ掻き出すような感じでやっていただくといいと思いますよ。
F 1週間に1回程度ですね。
M はい。



トップページへ 前ページへ