3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集
祝日診療開始しました!!

7月21日 (月) 海の日の祝日診療から
仙台市在住 20代女性。
この方は2日前の土曜日夜から突然左耳の聞こえが悪くなり、7月21日急患センターを受診し聴力検査を受けました。耳鼻科受診を勧められましたが、特に処置はなされなかった、とのことです。その足で直ちに当院を受診されましたが、いかにも不安気に見受けられました。

当院では早速精査を実施しましたが、診断名は左側突発性難聴でした。ご存知のように突発性難聴は、発症してから一週間以内に治療を開始しなければ改善は難しいといわれており、土・日・祝祭日に関わらず素早い対応が不可欠の疾患です。
幸いにもこの方も、受診日の間髪を入れない処置が奏効し、翌22日の検査結果では明らかに聴力の改善が見られました。

今回は特に土・日・祝日と三連休でしたので、この方のようにそのさなかに来院され早い段階で治療が始める事が出来たのは、祝日診療を開始したばかりの当院にとっても有意義でした。それに何よりも、困惑しておられる急病の方に救いの手を差し伸べることが出来た事を、心より嬉しく思っています。

 
※画像をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。
祝日診療についての意識アンケート

来院した患者様に協力して頂き、アンケートを実施しました。三百名近い方にご意見を頂戴した結果、90%以上の方が祝日診療に賛同しておられました。

☆祝日の急患受け入れによる、診療待ち時間についてのご意見。(アンケートから)

宮城野区在住 40代女性
しょうがないと思います。

泉区在住 70代男性
仕事を持っている方、忙しい主婦の方も祝日診療があると本当に助かり、病状を改善できる大きな力になると思います。

アンケートにご協力頂き、誠にありがとうございました。

 

トップページへ 前ページへ