3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集


補聴器は、補聴器販売店・メガネ店・デパート・訪問販売・そして医療機関耳鼻咽喉科内での補聴器外来などを通じて入手することが可能です。販売店・医療機関を選ぶ際には、設備の水準や技術・技能をもった専任スタッフの有無などを目安に、決めることがよいでしょう。

販売店については、有限中間法人補聴器販売店協会の認定する、認定補聴器販売専門店を選ぶのが間違いないでしょう。それは施設に対して一定の設備基準と人的配備基準(テクノエイド協会認定補聴器技能者の専従)を設けているからです。

医療機関の場合は、厚生労働省認定補聴器適合判定医が専従し、かつ決められた設備を有している補聴器適合評価認定施設と、人的条件の基準のみの日本耳鼻咽喉科学会認定補聴器相談医の2種類があります。補聴器適合判定医の多くは、学会認定補聴器相談医もあわせて取得している場合がほとんどですから、皆さんが医療機関での補聴器相談を希望される場合は補聴器相談医のいる医療機関を受診されるのがよいでしょう。

施設基準や資格制度は一つの目安です。取得していなくても高い水準のサービスを提供してくれるところもあれば、看板倒れの所もあるというのが世の常です。どこで補聴器を手に入れるかという問題は、最終的には装用を検討されている、皆さん自身の判断が一番です。
HIJ理事長 みつわ台病院副院長 中川 雅文
関連リンク: 用語集 日本ヒアリングインターナショナル

トップページへ 前ページへ