3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集
 

「耳をすまして」 三好  彰 (医師・エッセイスト)  五、「ポコポコ」、萌え出る希望たち

一枚の絵が、私たちのクリニックの壁に懸っている。大勢の子どもたちをいつも見守っている、その絵の名前は「ポコポコ」。

生命の賛歌に耳を傾けようと一生懸命萌え出る希望たち、がそこには描かれている(写真1)。

こののびやかな、豊かな絵を描いてくれたのは木村建さん。筋ジストロフィーの不自由な体の中に、自由な情熱を溢れさせた芸術家だ(写真2)。彼の情熱は筆に不思議な力を与え、筋ジストロフィーのその姿からは想像もできない希望たちの芽生えが描かれる。

写真1:「ぽこぽこ」
※クリックすると拡大写真がご覧いただけます

筋ジストロフィーはいやな病気だ。何の障害もなく生まれついた子どもが、あるときを境に急に足が弱くなる。それからいつしか歩けなくなり、車イスでの生活を余儀なくされる。十歳前後のことだ。体全体の筋肉の衰えはその後も留まることなく、あらゆる動作が制限されるようになる。そして全身が衰弱し、やがて息絶える。それは、わずかに病気の発症後十五年以内のことである。

それにもかかわらず、いやそれゆえに、この病を担った人びとの心はあこがれを忘れ得ない。青空へ向かって伸びて行く、切ない希望を忘れない。彼の「ポコポコ」に描かれたのは、そんな萌え出る希望たちだった。

仙台には、この筋ジストロフィーの人びとを中心に、障害者が自分たちで生活している自立ホームがある。仙台ありのまま舎だ。そこでは、日常の生活をボランティアの献身と共に自身で生きる他に、障害を持った仲間たちのために年一回絵画展を開催している。

彼の「ポコポコ」シリーズ前作も、絵画展で既に特別賞を受賞しており、私たちのクリニックの「ポコポコ」も今年出展される。彼の絵に込められた情熱は、きっと見る人すべてに希望の息吹を感じさせてくれるだろう。彼が絵に込めた情熱とは、具体的にはこういうことだ。

第一に、筋ジストロフィーによる障害のために、彼は絵に必要な線が引けない。「ポコポコ」がユニークな点描写なのは、実は彼が点しか描けないからなのだ。

写真2:「筆を執る木村さん」
※クリックすると拡大写真がご覧いただけます

第二に彼は、点を描くための筆を持つ体力がない。普通の筆では重すぎる。彼は0号の筆の毛先をさらに切って、軽くして描いている。

第三に、この「ポコポコ」を彼はベートーベンの第九を聞きながら描いた。
ポコポコたち、つまり芽生える希望た
ちはこの絵の中で、生命の賛歌に耳を傾けているのだ。障害があればあるほど燃える、生命の賛歌に。

一枚の絵が、私たちのクリニックの壁に懸っている。大勢の子どもたちをいつも見守っている、その絵の名前は「ポコポコ」。生命の賛歌に耳を傾けようと、一生懸命萌え出る希望たちが、そこには描かれている。



 

関連リンク: 社会福祉法人ありのまま舎
  3443通信 No.167 ありのまま舎のコーナー&スタッフ紹介
  用語集 ありのまま舎
   

トップページへ 前ページへ