3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集
スタッフ紹介

当院、看護課勤務の今井ナースにDVD映画「奇跡の人(へレン・ケラー物語)」を観ての感想と、自己紹介をしてもらいました
昨年5月から務めさせていただいている今井と申します。周りのスタッフの方々に助けてもらいながら奮闘中の毎日ですが、頑張りますのでよろしくお願いいたします。

この作品はとても有名で、私は幼い頃に本で読んだ記憶があります。目も耳も不自由なヘレン。愛しいがゆえ、家族も彼女の行動を見て見ぬふり。そんなヘレンが教育係のサリバン先生との関わりによって、物にはすべて名前があることを知ります。彼女にとって新たな世界が開かれたのです。

改めて作品に触れ、サリバン先生の偉大さ、優しさに心を打たれました。彼女は挫折しそうになりながらも厳しくヘレンに接します。その厳しさは優しさの上にあるもので、つらい状況を知っている先生だからこそ成果があったのではないかと思います。その人の事を考え、今その人に何が必要かを考え行動する。立場は違えど看護者としても考えさせられ、私もさらに自身に磨きをかけなければ……と強く思いました。


看護課
今井 尚子

※画像をクリックすると
拡大写真がご覧いただけます。

1月14日(水)から2月3日(火)まで三好耳鼻咽喉科クリニックで実習をさせていただきました、学校法人北杜学園仙台医療福祉専門学校の齋藤桃子と申します。

実習を通して今まで知らなかった世界を知る事ができ、そしてたくさんの事を学ぶ事が出来ました。今まで学校で医療事務の勉強はしていても、実際のクリニックの雰囲気や仕事の内容は学ぶ事が出来ません。しかし実習をして、直接患者様と接する機会もあり、実際の患者様の様子や反応を見る事が出来た事、カルテ出し等の自分の身体を動かして仕事をするという体験が出来た事は、今後とても役に立つと思います。そして今回驚いた事は、教えていただいた時の「ありがとうございます」、注意を受けた時の「申し訳ありません」の言葉がすぐに出てこなかった私です。常に感謝の心と謙虚な心を持って仕事をしなければと実感しました。

この実習で学んだ事、得た事を今後に活かしたいです。15日間大変お世話になりました。ありがとうございました。

実習生
齋藤 桃子

※画像をクリックすると
拡大写真がご覧いただけます。


学校法人北杜学園仙台医療福祉専門学校から参りました、菊地奈美恵と申します。

今回、1月14日から2月3日にかけての初めての実習ということでとても緊張しながら初日の実習を終えました。分からないこと、初めてのことばかりで、失敗や間違いも多くその都度、メモの確認や取り直しの繰り返しでした。カルテ出しにも慣れてきた頃には、受付応対もさせていただきました。実習で受付応対までさせていただくとは思ってもいなかったので、緊張しすぎて、笑顔で明るい対応がなかなかできませんでした。スタッフの方々に助けていただきながら、日々の実習を無事に終えてきました。医事課のスタッフの方々は、皆さん明るく仕事の教え方も理由を話しながら丁寧に教えてくれたので、とても分かりやすかったです。クリニックのスタッフの方々も院内の雰囲気も明るく、そのような環境で実習ができてとても良かったです。今回の実習で学んだことを次の実習や将来に活かしていきたいと思います。

実習生
菊地 奈美恵

※画像をクリックすると
拡大写真がご覧いただけます。


齋藤さん・菊地さんは、実習初日の夜に行われた、豚いっぴきでのクリニック新年会にも参加しました。

※画像をクリックすると
拡大写真がご覧いただけます。


トップページへ 前ページへ