3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集
めまいトピックス〜体操で治るめまい症〜
 
 今回は、耳からくるめまいの中で最も多いとされる良性発作性頭位めまい症(以下BPPV)とその治療法について、看護課の高橋邦子技師よりご紹介いたします。

耳の構造と平衡感覚


看護課 高橋 邦子
※画像をクリックすると
拡大写真がご覧いただけます。
  耳は聴覚と体の平衡感覚を司る器官で、外耳・中耳・内耳からなります。その中で最も内側にあたる部分が内耳です。蝸牛・前庭よりなります。聴覚にかかわるのは蝸牛で、平衡感覚のセンサーは前庭です。前庭は半規管と耳石器からなっています。三半規管は前半規管、後半規管、外側半規管という3つの半規管からなります。半規管には丸い管の中にリンパ液という液体とこのリンパ液の動きを感じるセンサー(クプラ)

耳石器
※画像をクリックすると
拡大写真がご覧いただけます。
が入っています。クプラには有毛細胞という感覚細胞があります。半規管が回転しても、中の液体は動かないので、クプラが相対的にリンパ液に押されて刺激されます。これにより、頭が回転していることを感知します。一方、耳石器は、有毛細胞がたくさん並んだ上にゼラチン状のものがのっていて、さらにその上に小さな砂状の石(耳石)がのっています。身体が傾くと、重力によって耳石がずれて有毛細胞を刺激します。人間は、こうして身体の傾きや重力を感じます。

BPPVの病態

  BPPVはある特定の頭位で誘発されるめまい(頭位誘発性めまい)を主徴とします。このめまいに伴って特徴的な眼の動き(眼振)が出現します。

  頭位誘発性めまいの原因としてBPPVの他に、中枢障害によるめまい(脳からくるめまい)などが挙げられますが、BPPVは内耳の耳石器・半規管の障害で発症する末梢性めまい(耳からくるめまい)のひとつです。

BPPVの原因

 半規管の中に、何らかの原因で耳石器からはがれた耳石が紛れ込んだものだといわれます。

  すると、頭を動かしたとき、半規管に紛れ込んだ耳石も一緒に動きます。頭を止めると、少ししてから耳石が半規管の中をゆっくり落ちてきます。このときリンパ液も一緒に動かされてクプラが刺激され、頭は実際には動いていないのに回転のセンサーは動いていると感じ、めまいが起こります。耳石が落ちきって動かなくなるとめまいは止まりますが、動くとまた、めまいがします。また、クプラに耳石がくっついてしまうこともあり、このときは頭を動かすとクプラが下の方に引っ張られて、常に刺激されている状態になります。このときは、半規管の中に耳石が浮いている時よりめまいが長く続きます。

  BPPVの原因となる部位は、60%以上が後半規管です(後半規管型)。これは、後半規管が位置的に一番下にあり耳石が迷入しやすいためと考えられます。外側半規管型が約30%で、前半規管型はまれです。

BPPVの症状

(1) ある特定の位置に頭を動かすと、ぐるぐる回る(回転性)めまいを起こす。
(2) 特定の頭の位置になってからめまいが始まるまでに数秒の時間差がある。
(3) めまいを繰り返すことで、症状が軽快してくる。
(4) 耳鳴り、難聴など他の耳症状がない
(5) 手や顔のしびれ、頭痛、目の前が暗くなる等の中枢神経症状や、 頸部の異常がない。

 なお、同様のめまいは他疾患で認められることもあり、種々の検査、特に頭位変換眼振検査が必須となりますので、専門医の受診が重要です。めまいは突然起こり、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。首をねじった時の激しい回転性のめまいのことが多いのですが、頭を動かさなければめまいは生じません。一回頭を動かしたときの発作は、大抵は30秒以内に治まります。めまいは日毎に軽快してゆき、1週間から2週間で治ることが多いようです。ただし、動かないでじっとしていた場合や、結石の状態によっては、長く続くこともあります。

どんな人がなりやすいか

 特にきっかけがなく発症することが多く原因不明の場合が多いようですが、頭部打撲後、メニエール病や突発性難聴などの内耳の病気があるとき、長期間病気で寝ていた後、閉経後や老化によるカルシウム代謝異常などが発症の原因になるともいわれています。加齢による退行変性やホルモンの影響なども関与しているといわれています。

治療

 BPPVは放置しても徐々に治ってゆく病気です。結石が吸収されたり、元の場所に戻れば症状は治まります。これを早めるために治療として頭や首を動かして半規管を刺激します。めまいが怖いからといってじっとしていると、かえってめまいが長引くようです。BPPVの治療には色々な方法が提唱されています。当院で行っている方法は理学療法のひとつである『エプリー法』です。治療中に気分が悪くなることがありますが、後々に悪影響を及ぼすようなことはありません。一見体操のような安全な治療法です。めまいがひどいときや、吐き気が強いときにはエプリー法を行う前に点滴や服薬などを行い、症状を抑えてから施行します。他の病気(メニエール病など)との合併が疑われるときは、併せて対応します。

半規管浮遊耳石置換法
Epley(エプリー)法

 アメリカのEpley博士により開発された、患者の頭を動かして移動する耳石のかけらを元の場所に戻すというBPPVに効果的な治療法です。危険が少なく高い効果が期待できます。

  エプリー法は痛みがありませんし、耳そのものにさわることもありません。時々、治療中に吐き気をもよおす事もゼロではありませんが治療前の服薬や点滴で症状をおさえることができます。治療後に少しふわふわする感覚が残ることもありますが、ぐるぐるまわるめまい感は消失します。

方法

(1) 左右どちら側が悪いのか事前に確認します。
(2) 左側後半規管に原因がある場合は、首を左45度傾けたままで 椅子を倒します(図1)。
(3) 首をそらせたまま頭を上げないようにします。
(4) 目を観察すると眼振が現れるので、これが消失するまでその体勢を保持します。耳石が重力に従い移動するのを待つわけです。
(5) 次は右45度に首を傾けます。
先ほどと同様、眼振が消失するまで保持します(図2)。
(6) その後、首は傾けたまま体を右下に90度倒し、眼振が消失するまで保持します。その時も、首の力を抜き頭は上げないようにします(図3)。
(7) 頭と体は、このままの角度で、椅子を起こします(図4)。
(8) 椅子が完全に起きて座った状態になったら、体ごと前を向き、頭を前に倒して少しうつむきます(図5)。

※ここまでを1サイクルとして数回くり返します。


図1 首の力を抜き、
頭は上げないで下さい。
頭は45度左向きです。


図2 頭を45度右向きとし、
眼振が消えるまで待ちます。


図3 体を横に倒します。
体は90度右向き、
頭は135度右向きとなります。

※画像をクリックすると
拡大写真がご覧いただけます。


図4 体は90度、頭は135度右向きのまま
椅子を起こします。


図5 体は正面を向き、
頭がうつむいた状態にします。

※画像をクリックすると
拡大写真がご覧いただけます。

治療に際しての注意

 首や背中に痛みのある場合は、無理な体勢とならないように注意します。また、血圧が高い方や網膜剥離のある方は注意して治療します。

治療後の注意

 治療後は、ふらつき感が残る事がありますので、車の運転は避けるようにします。また、治療後48時間以内は、半規管に対する刺激となりますので、お辞儀をする動作や横になるといった姿勢は避けます。寝る時は枕を2〜3個重ねて首を高くするようにすると良いでしょう。

 以上ですが、わからない事、不安な事等ございましたら、いつでもお気軽にスタッフまでお尋ねください。

看護課 高橋 邦子

BPPVで受診された患者様に、エプリー法の実施後にお話を伺いました。

70代女性
(Q:スタッフ、A:患者さま)

Q: 来院されたきっかけは?
A: 新聞をみました。
Q: めまい症状はいつからですか。
A: 約1年前右耳が突発性難聴と診察され、それからめまいが出るようになりました。1年ぐら続いています。
Q: どんな症状ですか?
A: 寝返りをうつときにめまいがでます。左耳を下にして寝るとめまいがし、右耳を下にすると治まります。また、高いところにある換気扇などのボタンを押す時などに起きやすいです。特に朝は30分くらい座ってじっとしていないとフラフラしてしまい動けません。
Q: 治療後、症状はどのように変わりましたか?
A: 朝の物凄いめまいがウソのように無くなりました。上を向いて高い所の物をとったり、下を向いて物を拾う時にフワッという感じでめまいが起きていたのですが、無くなりました。本当に来院して良かったです。すっかり良くなるまで通いたいと思います。

この方に対するエプリー法の実施光景。 奥のテレビで眼振をチェックします。
※画像をクリックすると
拡大写真がご覧いただけます。

ご協力有難うございました。



関連リンク: 用語集 めまい
用語集 良性発作性頭位眩暈症(BPPV)

←前ページ    次ページ→
No.183
トップページへ 前ページへ