3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集
 
エプリー法体験談 先生の手は神の手のようで

 当院を受診されたBPPVの患者様に、エプリー法を実施し、その感想を寄せていただきました。


症例 M・S さん 69 歳男性

来院前の症状について

【午前6時ごろ】
  朝起きて、半分体を起こした状態でグルグルと強いめまいを感じました。
  1分ほどして立ち上がり、手洗いに行くその時も、足元がフラついていました。
  戻って布団に横になると、またグルグルとめまいがしましたが、ジッとしていると治まりました。
【午前8時ごろ】
  着がえようとして起き上がると、またグラグラと来ましたが、最初よりは軽い症状でした。
  一度起きてからはめまいはきませんでしたが、食事の時は頭がボ〜っとする状態が続きました。

来院したきっかけは?

さつきさんの憂鬱
めまいについては、院長の医学コミック6「さつきさんの憂鬱」をご覧ください。

 昔から、おじいさまの名前を知っていました。三好彰先生の名前は、1月の河北新報の記事を見て知りました。その後は、インターネットを使って詳しく知りました。 

エプリー法を受けて

 初めに、施術の案内ビデオを見せて頂いて大変助かりました。予備知識を得た上で受けたせいか、思ったよりラクでした。注射が効いているせいか、『めまい』もまったくしませんでした。革命的な治療だと思いました。
  まるで、先生の手は神の手のようです。

治療後の経過

 翌日、起きる時にめまいはありませんでした。寝る時に横になると、少しめまいがしましたが、2日目・3日目と、日を追うごとに楽になって来ました。

  5〜6日目には、どんどん良くなりました。
お薬は、毎日食前食後に飲んでいます。
15年ぶりに完全ノンアルコールの生活になりました。

 お話をお聞かせ頂きまして、誠にありがとうございました。どうぞお大事になさって下さい。

三好耳鼻咽喉科クリニック


←前ページ    次ページ→

No.190
トップページへ 前ページへ