3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

ラジオ3443通信 ~レーザー手術とその注意点~

 耳・鼻・のどに関する病気を扱う「三好耳鼻咽喉(いんこう)科クリニック」。三好彰院長は、30年以上にわたって耳鼻咽喉の診療に携わる。今回は12月に放送されたラジオの内容から、スギ花粉症に有効なレーザー手術と花粉症のメカニズムについて紹介する。

[An.…江澤アナウンサーDr.…三好院長]
※画像をクリックすると
拡大写真がご覧いただけます。

An.: 三好先生、前回は、恐怖のスギ花粉症に劇的な効果のある、レーザーと高周波を使用しての予防手術のお話を伺いました。今日は、その手術について、もう少し具体的なお話を聞かせていただきたいんですけど。

Dr.: 医療用レーザーについては、これまでのご説明で、ある程度ご理解いただけたんじゃないかと思ってます。
  つまり、高熱を発するレーザーの光を、花粉症の現場の鼻粘膜に照射することで、粘膜表面を軽く焦がします。この処置を受けると、鼻粘膜に花粉がくっつきにくくなって、スギ花粉症は、アレルギー反応が起こりにくくなります。スギ花粉症は、そもそもスギ花粉に対するアレルギー反応ですから、花粉が入ってこなければ、発作は起きません。

An.: それじゃ花粉を吸い込まないのと同じ効果があるんですね。

Dr.: 理屈としては、マスクで花粉を防御するのと同じなんですけどね。でも、マスクは時と場所を選びますから。

An.: マスクを付けてちゃマズイ場面も人生にはあります。

Dr.: その意味で、確実にスギ花粉症を予防する一つの手段ですね。

シーズン前の処置が大切

An.: 江澤も、レーザーを受けてみたいんですけど…… 。何か注意点とかありませんか?

Dr.: 一番大切なのは、レーザーは花粉症シーズン前に済ませてしまうということです。シーズンに入ると、鼻粘膜が過敏になってしまいます。ちょっとした刺激でも、鼻水が垂れてきますので、レーザーの光がそれに邪魔されて、それてしまいます。

An.: 乱反射しちゃうんですね。

Dr.: ですから、鼻粘膜表面を軽く焦がそうとしても、やたらに水っぱなが出てくるだけで。

An.: かえって、ひどくなっちゃうんですね!

Dr.: ですから、レーザー手術は、仙台ならばスギ花粉の飛び始める直前の、2月のうちに済ませておくものなんです。

An.: 三好先生、仙台市のスギ花粉のピークは、いつごろなんですか?

Dr.: その年にもよるんですけど、たいていは3月半ばから下旬にかけて、ひどい状況になります。

An.: それじゃ、3月に入るまでは少し安心なんですね?

Dr.: すでに、スギ花粉症になってしまっている方は、スギ花粉のピークが来る前の、空中にわずかに花粉が混じる程度の時期から、発作の予兆が見られます。

An.: それじゃ、予兆が見られたらすぐに治療をする……。

Dr.: わずかでも、鼻粘膜が過敏状態になってしまうと、これを元に戻すのは大変なんです。表現は良くないかもしれませんが、手遅れとでもいえるかもしれません。

An.: じゃあ3月に入ると手遅れなんですか?

病院を取り囲む患者の行列

Dr.: 忘れもしません。1997年3月8日の土曜日、たった1日で、325人の花粉症患者を診たことがあります。うち、新患つまり初めて当院にいらした方が、157人でした。

An.: 325人!

Dr.: 当院の周辺を、駐車場の空き待ちの車が、二重三重に取り囲んでいるんです。
  花粉症の患者さんは、診察室・待合室・廊下・階段・玄関と列を作って並んでいます。はみ出した患者さんが外に並んでいると、通行人がその患者さんに質問しているんです。「上で何かやっているんですか?」ってね。その日の診察が終了したのが、夜の10時ころだったんですが、翌朝も9時から280人の花粉症患者を診療しました。

An.: その後も1ヶ月くらいは、シーズンが続くんでしたよね。

Dr.: 仙台市の場合には、もう一つのピークがありまして。それが、春分の日の翌日です。

An.: それはどうして?

花粉症も遺伝?
※画像をクリックすると
拡大写真がご覧いただけます。

Dr.: 春分の日は、仙台市ではスギ花粉飛散の真っただ中です。もちろん外出しなければ花粉の被害も受けないんですけど。でもこの日は、何が何でも家族そろってお墓参りに出掛ける日なんです。

An.: 外へ出ないわけにはいきませんものね。

Dr.: しかも、お墓の周りには、必ずスギの木があると決まっていて。絶対に花粉を吸い込んで、帰ってくるんです。だから、その翌日には……。

An.: 分かりました、三好先生! 一目でそれと分かるようになってしまった花粉症患者さんが、続々と先生の元に来られるんですね?

Dr.: だからですよ!  だから私は予防が第一だとこんなに言っているのに。でもみんな、シーズンが始まってから、それから診療を受けに来るんですよ。

An.: かわいそうな三好先生のためにも、花粉症が怪しいなと思ったら、早め早めの受診をお勧めします。それでは三好先生、次回は先手必勝の花粉症治療について教えてください。


関連リンク: 用語集 索引:げんき倶楽部杜人
用語集 索引:fmいずみ
用語集 索引:花粉症
用語集 索引:アレルギー性鼻炎
用語集 索引:スギ花粉症

←前ページ    次ページ→

No.194
トップページへ 前ページへ