3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

第36回日本睡眠学会で学会発表を行いました 看護課 髙橋美江

 2011年10月15日(土)から、京都で開催された第36回日本睡眠学会で演題発表を行うため、前日より京都入りし、京都市内の観光をしてきました。

 仙台から京都へ到着後、曇り空から本格的に雨が降り始めたために、傘をさしながらの観光となりました。
 市内観光は、京都タクシーの本吉さんにお願いして、一日専属で案内して頂き、まずは二条城に向かいました。

二条城・二の丸御殿

 二条城は、江戸幕府の初代将軍・徳川家康が造営しましたが、その後、大政奉還によりこの城は朝廷のものとなりました(図1)

 国宝である二条城二の丸御殿の廊下は歩くとキュッキュッと音が鳴る〝うぐいす張りの廊下〟といわれています。
 しかし、雨で湿気があったためか本吉さんと一生懸命床の上を歩き回っても、残念ながらその音を聞くことはできませんでした。

 次は京都御所です。

歴代天皇の住居・京都御所

 ここは、事前に予約をして参観します。

 京都御所は元弘元年(1331年)から明治2年(1869年)の、東京遷都まで皇居とされていました。
 京都御所の中は緑が多く、歩いているだけでとても癒されました(図2)
 鮮やかな朱色の承明門の奥には最も格式の高い、京都御所の象徴ともいえる存在の紫宸殿が見えます(図3)

 雨の御池庭も情緒溢れる景観でした(図4)

迷って見つけた隠れ名所

 次に訪れる予定の錦市場では、その途中に細い道が続いたため道を間違えてしまいました。しかし、偶然通りかかった道路の脇に、坂本竜馬が殺害されたという場所をみることができました。結果良ければすべて良し!

 いまでは、普通にコンビニが建っており、立て看板に案内が記されていました(図5)
 京都では市内のいたるところで歴史に触れることができます。

京の台所・錦小路

 京の台所と呼ばれ、400年もの歴史があります。
 アーケードに覆われた石畳の道は、全長300m、幅3.25~5mあり、道の両側にはぎっしりと魚屋さん、八百屋さん、漬物屋さんなどが126店舗も立ち並びます(図6~9)

 錦市場はとても賑わっていて、途中でおでんや一口サイズのだしまき玉子を買って食べ歩くのがここの楽しみ方だそうです。
 漬物屋さんでは試食ができるので、自分好みの漬物を探すことができます。
 錦市場の近所に住んでいる人たちはいつでもおいしいものが食べられてうらやましいですね。

 あるお店では、実は気になっていた山椒ソフトクリームを食べました。
 これはバニラのソフトクリームに、店先の石臼で挽いた山椒の粉末をかけたものです。
 ふりかける山椒の量は少なめ、普通、多め(辛口)と3段階あり、お好みで選ぶことが出来ます(図10)

 今回、大人になってからの京都観光は、学生時代とはまた違う印象を受け、すっかり京都に魅了されてしまいました。

国立京都国際会館で発表

 前日の京都観光で鋭気を養い、翌日は京都国際会館で睡眠学会のポスター発表を行ないました(図11)
 チベットにおける高山病とCPAPという表題での発表です。
 緊張しましたが、無事に発表を終えることができました。

 会場内では睡眠時無呼吸症候群の治療に使われる、CPAPの機械の企業展示もされており、大変勉強になりました。
 この経験を元に今後も成長していきたいです。
 貴重な機会を与えて頂いた院長に、心より感謝いたします。