3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

2011年アレルギー調査 食い倒れナース・髙橋の絶品グルメレポ4 看護課 髙橋美江 3443通信

メニュー 7 トルファン

 9月21日(水)は、トルファン市内を観光しました。
 トルファンは、ウイグル自治区のウルムチ市(中国の西北端に位置)からバスで約2時間ほど、南東に移動したところにある盆地にあります。盆地の最低部は標高マイナス154mにもなります。火州と呼ばれるほど夏場は暑く、最高気温は50℃近くまで上がります。

 今回『西遊記』の舞台となった火焔山を見学することができました。風と日差しがとても強かったです(図1)
  入り口(図2)から入って少し歩くと大きな温度計があり摂氏100℃まで計測できるようになっています(図3)

 火焔山見学後、トルファンのレストランでは子羊の丸焼きを食べることができました。最初、子羊の丸焼きに院長が代表してナイフを入れました(図4)
この行事を行なった人は幸せになれるそうです。
 イベントの後、食べやすい大きさにカットされて運ばれてきた子羊の肉は、とても香ばしくておいしかったです(図5~図7)
 このレストランでは料理を楽しみながらウイグル族の踊りをみることができます(図8)。ウイグル族の女性は目鼻立ちがくっきりしていてとてもきれいです。くるくるまわったりひらひらの衣装をなびかせて踊る姿はとても素敵でした。

ラクダと火焔山 (図1)ラクダと火焔山

火焔山の入り口 (図2)火焔山の入り口

100℃まで測定できるとても大きな気温計です (図3)100℃まで測定できる
とても大きな気温計です


最初に刃を入れたのは院長先生です (図4)最初に刃を入れたのは院長先生です

切り分けられた子羊の肉 (図5)切り分けられた子羊の肉

麻婆豆腐 (図6)麻婆豆腐


野菜炒め (図7)野菜炒め

ダンスを見ながらの食事 (図8)ダンスを見ながらの食事


メニュー 8 成都市

 22日(木)、成都市で昔ながらの街並みを再現した観光地を訪れました(図9・図10)
この日の昼食は屋台の料理を食べました。日本とは異なり、中国では汁の無い坦々麺が一般的です(図11)
  見た目は赤くないのですが、山椒がすごく効いていて辛かったです。
  辛いものを毎日食べていると、辛くない物を食べた時にすごく癒されます。この時の昼食で辛くなかったのは、じゃがいもの上にひき肉を乗せて蒸した料理でした(図12・図13)

石畳の道の両側にはたくさんの屋台が並びます (図9)石畳の道の両側にはたくさんの屋台が並びます

麺を伸ばす職人さん (図10)麺を伸ばす職人さん

汁のない坦々麺 (図11)汁のない坦々麺


豆腐にとうがらしのソースをかけたもの (図12)豆腐にとうがらしのソースをかけたもの

辛くない唯一の料理でした (図13)辛くない唯一の料理でした


メニュー 9 九寨溝

 23日(金)は成都市の北、約450kmに位置する世界遺産、九寨溝を観光しました(図14)
 九寨溝には大自然の中にきれいなクリアブルーの湖がたくさんあります(図15)
 九寨溝のホテルの夕食ではヤク肉のジャーキーが出ました(図16)。最初スルメか何かと思って食べていましたが、後からヤク肉と知ってびっくりしました。

入り口にある看板石 (図14)入り口にある看板石

とても綺麗な湖がたくさんありました (図15)とても綺麗な湖がたくさんありました

ビールにぴったり? なヤクジャーキー (図16)ビールにぴったり? なヤクジャーキー


メニュー 10 成都市(2)

 24日(土)、九寨溝からまた成都市へ戻ってきて、麻婆豆腐発祥のお店、陳麻婆豆腐で夕食を食べました(図17・図18)
 陳麻婆豆腐の他にも、お米を揚げたものの上に熱い甘酢あんをかけた料理がすごくおいしかったです(図19・図20)
 熱々の甘酢あんを、揚げたてのおこげにかけると、ジュージューとおいしそうな音がして出来上がりです。
 次の日は成都のパンダ繁殖センターを見学し、中国を満喫して帰ってきました(図21・図22)

陳麻婆豆腐店の入り口 (図17)陳麻婆豆腐店の入り口

名物の陳麻婆豆腐は辛いです! (図18)名物の陳麻婆豆腐は辛いです!

お米を揚げたおこげ (図19)お米を揚げたおこげ


熱い甘酢あんを目の前でかけてくれます (図20)熱い甘酢あんを目の前でかけてくれます

パンダ繁育研究所の入り口 (図21)パンダ繁育研究所の入り口

私よりかわいいパンダの赤ちゃん (図22)私よりかわいいパンダの赤ちゃん


最後に

 今回は、高山地帯に行くことは少なかったのですが、移動距離と時間が長くて皆さんとても疲れていました。しかし、ウイグル自治区の壮大な風景や九寨溝の神秘的な自然を見れたのは、とても新鮮な感動がありました。
 このような機会を与えていただいた院長先生、ご一緒された先生方には心から御礼を申し上げます。

2011年ウイグル調査 グルメレポ(3)