3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

編集後記

 春は、北の地方に住む人にとっては待ち焦がれた季節といえます。あちらこちらに芽生える草花の香りは、半年間、灰色の季節を耐え抜いたご褒美のように感じられます。
 もし、気持ちが落ち込んで5月病かな?と思ったときは、ゆっくり散歩でもしてはいかがでしょうか。

(青柳)

 皆様のお陰で開院20周年を迎えた当院ですが、これまでに来院された患者様の実人数は約10万8千人にのぼります。これは宮城県の人口232万人の20分の1、仙台市の人口100万人の10分の1に相当します。
 これからも、一人でも多くの患者様のために精一杯頑張ってまいります。

(院長)