3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

げんき倶楽部杜人

ラジオ3443通信

耳・鼻・のどに関する病気を扱う「三好耳鼻咽喉科クリニック」。三好彰院長は、30年余り、耳鼻咽喉の診療に携わる。
今回は、2・3月にfmいずみで放送された「花粉症」に関する内容を紹介する。
An.…江澤アナウンサー、 Dr.…三好院長]

# ※画像をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。
An.:
三好先生、今回はスギ花粉症が激増した背景について教えてください。
Dr.:
それでは、スギ花粉症がなぜ30年ほど前に突然国民病になってしまったのか、ご説明します。昔、杉の植生はそれほど多くありませんでした。
An.:
そうなんですか?しかし、今では日本全国にスギ林は見られますよ。
Dr.:
第二次世界大戦後、日本は復興のために全国の山々の木を切り倒して、材木として使用しました。そうすると山々は、どうなるでしょうか?
An.:
みんなはげ山になってしまうんじゃないですか。
Dr.:
その通りです。それでは、そのはげ山に雨が大量に降ったら、どうなるでしょうか?
An.:
きっと大洪水になってしまいますよ。
Dr.:
そうなんです。戦後に形成された全国のはげ山が大雨時、膨大な被害をもたらしたのです。その後、そうした被害を防ぐため、北海道と沖縄を除く全国の山々にスギなどを植林する計画が実施されました。
An.:
時期としては、1950年前後でしょうか?
Dr.:
この木々がスギ花粉症のもとである花粉を大量に飛散させながらも、河川の氾濫から人々を守り続けたんです。ところが、スギ花粉症が日本で正式に病気として認識されたのが1964年。国民病と呼ばれるようになるのは、さらに後の79年のことなんです。
An.:
タイムラグがあるんですね。そこには何か重大な秘密が隠されているんでしょうか?
Dr.:
いえいえ。理由は極めて単純です。スギは樹齢30年で花粉を生産するようになるんです。江澤さんは「ベビーブーム」を知っていますか?
An.:
一斉に、人類のある世代が子孫をつくる年代に到達することですよね?
Dr.:
それがスギにも起こったとしたら?
An.:
う~ん、きっとスギ花粉の大量飛散が一斉に発生して大変でしょうね。えっ!? 1950年に植林されたスギが、花粉を大量に発生する30年目がその79年ということですか!?
Dr.:
さすがは江澤さん。それが、スギ花粉症が国民病になってしまった最大にしてシンプルな真実だったんです。

アレルギー治療で注目される乳酸菌

# ※画像をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。
An.:
ところで、スギ花粉症の前の国民病は何だったんですか?
Dr.:
それは結核です。
An.:
それでは、日本人の国民病は長い時間をかけて結核からスギ花粉症へと変遷してきたんですね。
Dr.:
人間の病気の変遷を見ていると、アレルギーの増加は感染症の減少と関係があると理解できますよね?
An.:
はい。なんとなくですが(笑)
Dr.:
この関係を利用し、弱毒性の菌を人体に与えて感染状況にすることで、アレルギー疾患を弱めようとする試みがあるんです。研究者らはまず結核菌の誘導体を使用しましたが、さすがに結核菌では応用が難しく、他の弱毒菌の応用が盛んになっています。
An.:
例えば、どんなものがあるんでしょうか?
Dr.:
弱毒菌で、しかも体内に取り入れやすいように口から飲み込めるとして今注目されているのが乳酸菌です。
An.:
乳酸菌って、あのヨーグルトとかですか。
Dr.:
乳酸菌製剤は、アレルギー治療で今、注目の的。菌体成分でありながら、人体側要因が悪化していない限り、病原性を発揮することはまずあり得ません。
An.:
病気のもとになりにくい、ということですね?
Dr.:
その通りです。この病原性のない、つまり弱毒性の菌体を内服すると、人体の免疫バランスはアレルギー疾患を発症しづらい傾向を示します。このため、アレルギー疾患の程度が抑制されると考えられます。
An.:
本当にアレルギーに効くというデータはあるんでしょうか?
Dr.:
私たちの研究グループが、実際に試したことがあります。実験は、私が客員教授を務める中国の南京医科大学と和歌山の日赤医療センター、そして熊本県小国町で実施されました。結論から先にお話しすると、確かに乳酸菌はアレルギーに有効でした。しかし、細かいデータは膨大で、ここでは紹介し切れません。
An.:
そんな~。何か見られる方法はないんですか?
Dr.:
そんなこともあろうかと、ここに私の医学コミック「愛しのダニ・ボーイ」があります。ここに江澤さんの知りたいことが書いてありますよ。さらに、こうした医学コミックシリーズは、全てホームページにアップされています。
An.:
漫画をインターネットで読めるんですね。すごーい!
Dr.:
ホームページは「3443(みよしさん)通信」といいます。インターネットで3443と入力して検索してみてください。
An.:
私も以前、検索したところ、本当に三好耳鼻咽喉科クリニックの画面に直通でした!
Dr.:
その中に「まんが」というコーナーがありますから、皆さんも、ぜひ一度ご覧になってみてください。
愛しのダニボーイ 「愛しのダニ・ボーイ」まんがページ