3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

げんき倶楽部杜人

~シリーズ 学校健診その1~

 耳・鼻・のどに関する病気を扱う「三好耳鼻咽喉科クリニック」。三好彰院長は、30年余り、耳鼻咽喉の診療に携わる。今回は、6月にfmいずみで放送された内容を紹介する。
An.…江澤アナウンサー、Dr.…三好院長]

ハナ垂れ
An.:
三好先生、今回から少し話題を変えて、学校健診について教えていただけるそうですね。
Dr.:
日本では、学校保健安全法で義務教育期間の学校健診の実施が義務付けられています。
An.:
江澤も小学生のころ、学校にお医者さんがやって来て、怖くて泣きそうになっている私たちを優しく診てくれた記憶があります。
Dr.:
学校健診では、小中学生が健全な学校生活を過ごせるよう、病気の診断よりも健康管理の観点で子どもたちを診るんです。
An.:
健康ですか? なんだか漠然としていますね。
Dr.:
定義をお話しすると、ややこしくなる面もあるんですが。WHOつまり世界保健機関の概念では、「身体的にも精神的にも、また社会的にも完全に良好な状態にあって、単に病気や虚弱でないことではない」ことなんだそうです。
An.:
それで健康管理といいますと?
Dr.:
具体的にいうと、学校健診では内科、歯科、眼科、耳鼻咽喉科のお医者さんが、学習に差し支えのある病気がないかどうかチェックするわけです。
An.:
三好先生も、耳鼻咽喉科健診であちこちの学校へ行っているんですか?
Dr.:
仙台市の学校だけでなく、北海道白老町や栃木県栗山村(現日光市)などにまで赴いて、小中学生全員の健診をしました。
An.:
耳鼻咽喉科健診では、どんなことをするんですか?
Dr.:
病院へ来てもらって、詳しく検査するわけではないので、ごく簡単なスクリーニング検査だと思ってください。
An.:
スクリーニングなんですね。
Dr.:
ですからこの健診では人間ドックを受けたときのように、表から見えない病気まで発見するのは難しいです。しかし、例えばプールに入ってこじらせるような、中耳炎や副鼻腔(びくう)炎、もしくは睡眠時無呼吸症候群になりかねない、へんとうの肥大といった、学校生活や学習の妨げになりそうな病気は健診で見つかります。耳あかもよく見つかるんですけどね。
An.:
えっ、耳あかもチェックされるものなんですか?
Dr.:
健診で耳穴をのぞき込んだだけで奥まで見通せるわけではないので、その奥に何があるかは分かりません。中耳炎の症状が隠れていることもあるんです。耳あかでも、がっちりと固まっていると、プールでふやけて聞こえづらさの原因になることもありますから。
An.:
だから学校健診は、プール授業が始まる前に一斉に実施されるんですね。
Dr.:
さすが、1を聞いて10を知る江澤さん。その通りです。もし、中耳炎や鼻炎などの具体的な病名が健診結果で出るようでしたら、絶対に耳鼻科の外来受診はおろそかにしないでください。

ハナ垂れ小僧に多い中耳炎

学校健診 学校健診
An.:
先生、健診で発見される鼻炎とはアレルギー性鼻炎ですか? それとも花粉症などですか?
Dr.:
いいえ、これも健診のお約束のようなのがありまして。健診で診ただけでは、どんな鼻炎か区別がつかない場合があるんです。アレルギーの検査や鼻のエックス線検査をしていませんからね。特に、アレルギー性鼻炎と副鼻腔炎は症状が似ているので、はっきりとした診断を下すのは難しいです。
An.:
先生でも、一目見ただけでどんな病気かピタリと当てられるわけではないんですね?。それでは、健診で引っかかったお子さんのために、関連する病名を教えてください。
Dr.:
耳あかや耳垢栓塞(じこうせんそく)と診断されたら、それを除去して中の鼓膜まで確認しなければいけません。耳かきや綿棒では歯の立たないような手ごわい、石のような耳あかが詰まっていることが多いですし、なにより中耳炎の有無を調べることは重要です。
An.:
中耳炎は確か、ハナ垂れ小僧さんに多いんでしたよね。
Dr.:
さすが、江澤さん。よく記憶していますね。でも、ここではもう少し詳しくご説明させていただきます。
An.:
もっと深いお話が伺えるんですね。
Dr.:
一口に中耳炎といっても、大きく分類して急性・慢性・亜急性があります。
An.:
急性・慢性の中耳炎は分かりますが、何ですかそのあ、あ、あ。
Dr.:
亜急性です。
An.:
亜急性中耳炎なんて聞いたことがありません。
Dr.:
以前の放送では、滲出(しんしゅつ)性中耳炎としてお話を進めたので分かりにくいかもしれません。
An.:
その言葉は思い出せましたが、それぞれどのようなタイプの中耳炎なんでしたっけ?
Dr.:
まず急性中耳炎は、風邪のハナ垂れ小僧さんに多く見られます。青っぱなが内側から鼓膜に入り、中にうみがたまって痛むんです。
An.:
とっても痛いんですよね。
Dr.:
それに対して慢性中耳炎は、急性中耳炎などで鼓膜に開いてしまった穴に、ばい菌が入ってうみが出る炎症です。
An.:
確か経過が長いんですよね。
Dr.:
そうです。そして次回話題にするのが、第三の中耳炎、滲出性中耳炎です。
An.:
どんなお話が聞けるのか楽しみですね。次回もよろしくお願いします。