3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

開院20周年記念社員旅行 in 中国1

 本年1月に、当院は開院20周年を迎えました。それを記念し、中国(上海・成都)へ4泊5日の社員旅行が企画され、スタッフが参加しました。
 ここでは、同行スタッフによる「旅」レポートと、中国料理の「味」レポートを、シリーズでご紹介させて頂きます。

9月16日(日) 1日目の旅

医事課 髙橋 明日美

ワクワクの社員旅行

医事課 髙橋 明日美 医事課 髙橋 明日美
高さ467.9mの上海タワー 高さ467.9mの上海タワー

 ニーハオ。わたくし医事課の髙橋明日美と申します。これより9月16日(日)~20日(木)、4泊5日の三好耳鼻咽喉科クリニック社員旅行一日目の様子をご案内させて頂きたいと思います。

 仙台空港より約3時間のフライトにてやって来ましたIN中国。予定時刻通り、上海浦東国際空港に到着(中国のフライトは九割位は遅れるとか・・・・・・)。日本に比べ、上海はとても涼しく過ごし易い気温。我々を到着口で出迎えてくれたのはこれから五日間お世話になりますガイドの胡さん(当院の二十周年パーティーにお越し頂きました)。

 中国は、人口13億人を超え(世界の約4人に1人は中国人! )、国土は世界第3位というとても大きな国。その中でも上海は中国で海外の観光客が最も多く訪れる優れた主要観光都市、且つ歴史文化の名所に溢れた都市です。一行は胡さんと共にバスに乗り込み、本場の北京ダック(詳しくは横田さんの記事へ)を食すべく夕食へと足早に向かいました。

 夕食後、上海の未来都市と素敵な夜景を観にバンドへ。

 バンド(外灘)とは、上海の旧市街の北に位置する上海随一の観光エリアです。百年余り前から上海の象徴として存在してきました。バンドは黄浦江西岸を走る中山東一路沿い、全長1.1㎞程の地域を指しているそうです。この一帯は19世紀後半から20世紀前半にかけて当時建設された西洋式高層建築が建ち並んでいます。この建物は同一の設計士によってデザインされた訳でもなく、同年代に建築された訳でもありません。しかしながら建築基調は見事に統一されています。夜になるとバンドの建築物は全てライトアップされとても魅力的な景色が目前でした。バンドから黄浦江越しに浦東地区を眺めると素敵な夜景が広がっていました。みんな一生懸命写真撮影してます。その中でも対岸にある一際目をひく不思議な形の建物・・・・・・。この面白い形の塔は、『東方明珠電視塔』というラジオテレビ放送タワーだそうです。そして夜景をバックにハイポーズ(^^)v(風が強くて肌寒かったです)

 その後、上海の夜に酔いしれながらホテルへと向かいました。

 2日目以降の続きは、次回の3443通信をお楽しみにっ!!

上海外灘(バンド)の夜景に見とれるスタッフ達 上海外灘(バンド)の夜景に見とれるスタッフ達
#

9月16日(日) 1日目の味

医事課 横田 あゆみ

初めての海外旅行

医事課 横田 あゆみ 医事課 横田 あゆみ
全聚徳のアヒル 全聚徳のアヒル

 中国に上陸して初めての夕食は、上海の全聚徳というお店で頂きました。ここは、中国国内のみならず海外でも有名な北京ダックの専門店だそうです。お店の入口にはイメージキャラクターの黄色いアヒルの置物があって、私たちを出迎えてくれました

 店内は広く、1階はすでにお客さんで賑わっていました。私たちは二階の個室に案内されたのですが、その途中の部屋ではなんと結婚式が開かれており、終始、演奏や歌が聞こえていました。

 席につくと、中国料理でおなじみの※回転する円卓があり、その上には八種類の前菜が並んでいました。まずはビールで乾杯です。個人的な意見ですが、私は日本のビールよりも飲みやすいように感じました。

 そして、なんといっても目玉の北京ダックです。コックが目の前で丸々一羽を切り分けてくれました。本場の中国ならではの光景に、とても感動しました。パリパリした皮の部分と、肉の部分、トロトロした脂身の多い部分の三種類ほどに切り分けられました。それらの肉とネギを、小麦粉でできた薄い生地で包みこみ、味噌のようなコッテリしたタレをつけて頂きました。香ばしいダックと少し辛味のあるネギに、濃いめのタレが良く合ってとても美味しかったです。

#

 カニの味噌を炒めた料理は、大きなカニの形をした器に入って運ばれてきました。黄色でトロミのあるスープのようで、カニのエキスがたっぷり含まれていて濃厚でした。

 他にも、アワビの炒め物や牛の骨付き肉、日本でもなじみのあるチャーハンなど様々な料理が出てきました。日本でのコース料理は一品ずつ間隔を置いて持ってくることが多いのですが、中国料理は次々に運び込まれ、テーブルに乗らなくなるほどで驚きました。

 異文化に触れることで新たな発見をしたり、逆に日本の良さも再確認することができました。素敵な経験を有難うございました。

8種類の前菜 8種類の前菜
切り分けられる北京ダック 切り分けられる北京ダック
カニのミソをベースにした炒め物 カニのミソをベースにした炒め物
#
アワビの炒め物 アワビの炒め物
馴染み深いチャーハン 馴染み深いチャーハン
牛の骨付き肉 牛の骨付き肉
#

※回転テーブルは、中国発祥ではなく昭和7年頃に日本の細川力蔵氏(目黒 雅叙園の創業者)が考案したとの説があります。