3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

開院20周年記念社員旅行 in 中国3

9月18日(火) 3日目の旅【前編】

巨大な楽山大仏

医事課 阿部 真美

医事課のロビンちゃん こと 阿部 真美 医事課のロビンちゃん こと 阿部 真美

 中国旅行3日目は、成都の南にある楽山の大仏を見に行きました。

 楽山大仏は、四川省楽山市にある弥勒菩薩をかたどって彫られた巨大な石仏です。高さ約71m・横幅約29mあります。頭部の高さだけで約15mあります。岩壁を削りだして造った仏像としては世界一の大きさです。1996年に仏教の一大聖地・峨眉山とともに、複合遺産「峨眉山と楽山大仏」の名でユネスコの世界遺産に登録されています。

 楽山大仏は、唐の玄宗帝の時代、大渡河と青衣江が凌雲山の下で交わり岷江となる地点は、水害が多発する地域であったため、凌雲寺の僧・海通が水害を鎮めるために大仏を建造することに決めたと言われています。

 90年の歳月をかけて完成した大仏は、千年経った今もなお岷江の流れを見守り続けており、とても貫禄があります。

 私たちは、大仏の目の前を流れる大渡河から、船に乗って見学しました。船は大仏の前で停まってくれるので、全体を見ることができ、その大きさにとにかく圧倒されます。船の上では、各自カメラで大仏の写真を撮ったり、大仏を後ろにしてみんなで集合写真を撮ったりと、とても満喫することができました。

 世界遺産を間近で見ることができ、とても貴重な経験をさせていただいたこと、院長先生はじめスタッフの方々に感謝しております。ありがとうございました。

出発地点の対岸に、大仏はあります 出発地点の対岸に、大仏はあります
大仏の前で記念撮影 大仏の前で記念撮影
船と比較しても、とても大きい楽山大仏 船と比較しても、とても大きい楽山大仏
#

9月18日(火) 3日目の旅【後編】

伝統芸能にふれて

医事課 伊藤 紅美

医事課 伊藤 紅美 医事課 伊藤 紅美

 中国への社員旅行の三日目。四川省の成都にある代表的な劇場「蜀風雅韻」で、中国の伝統芸能 川劇を観賞しました

 会場は立派な屋外テントのようになっていて、客席の前にはテーブルがあり、中国茶とナッツが無料で振舞われます。打楽器や二胡の演奏、影絵、人形劇、変面など舞台上で次々と演目が行なわれます。

 変面の技術は国家秘密とされており、間近で見てもそのからくりは見当も付かず、2秒間に3回もお面が変わるのは迫力満点でした

 そして気になったことは楽屋の壁がないこと。出番を終えた人たちが、次の演目に向けてメイクを直したり衣装を替えたりする様子が、客席から見えるのには驚きました。もちろんその間も舞台上では他の演目が行われているのです。舞台裏も同時に見ることができ、得した気分でした。

 9月18日は、日中にとって歴史的な日になりましたが、出演者の方々と記念撮影もして素敵な一夜でした

ネオンが綺麗な劇場入口 ネオンが綺麗な劇場入口
#
次々と変わる変面 次々と変わる変面
周りを気にすることなくお化粧をしています 周りを気にすることなくお化粧をしています
#
コマを自由自在に操っていました コマを自由自在に操っていました
出演者と豪華な記念撮影 出演者と豪華な記念撮影
#

9月18日(火) 3日目の味

食事を共にして

総務課 田中 啓二郎

総務課 田中 啓二郎 総務課 田中 啓二郎

 二日目の宿泊ホテルは、成都の西蔵飯店(5星)です。この日は楽山大仏見学(車で3時間)の為、出発は朝7時30分。朝食(バイキング)の一番乗りは、医事課の髙橋主任と伊藤(紅)副主任の、元気一杯なお二人で頼もしく感じました。

 昼食は当初、成都市に戻ってからする予定でありましたが時間の都合上、楽山大仏周辺のレストランで昼食をとりました。11種類の料理が出まして、全ての料理を美味しく頂きましたが、スタッフに聞いたところ、回鍋肉の様な料理が特にすばらしかったとのことです。

 今日の夕食のメインは、成都の有名な舌がしびれる陳マーボー豆腐です。20種類の料理が次から次と出てきまして、テーブルは、あっという間に一杯になり、食べきれないほどの料理でした。辛い料理が殆どでしたが、その辛さが奥深く、味わいのあるおいしさで,私などは,ビールが沢山はかどりました。どの料理が一番おいしかったかスタッフに聞いたところ、殆どのスタッフは、陳マーボー豆腐でしたが、渡辺 愛さんは〝心のアレルギー〟との回答(名言)でしたので、院長先生に治して頂きたいと思います。

 マーボー豆腐の由来は、1860年代、四川省成都市郊外の町で、陳さんという夫婦が料理屋を営んでいて、おかみさんが料理長を努め、主なメニューは豆腐を材料とした、とてもおいしい家庭料理でした。そのおかみさんの顔に〝あばた〟があったので、地元の人々から「麻婆」(マーおばさん)と呼ばれ、陳マーボー豆腐が有名になったとのことです(ラジオ3443通信 学校健診特集6 参照)。

 最後になりましたが、このような社員慰安旅行に行かせて頂き大変ありがとうございました、心より感謝申し上げます。

朝は、パンとフルーツと牛乳です 朝は、パンとフルーツと牛乳です
一番人気だった料理です 一番人気だった料理です
#
他にも、様々な料理がテーブルに並びます 他にも、様々な料理がテーブルに並びます
激辛だけど後をひく、陳麻婆豆腐 激辛だけど後をひく、陳麻婆豆腐
#