3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

げんき倶楽部杜人

~シリーズ 学校健診その7~

 耳・鼻・のどに関する病気を扱う「三好耳鼻咽喉科クリニック」の三好彰院長は、耳鼻咽喉の診療に携わって30年余り。今回は昨年9月にfmいずみで放送された内容を紹介する。

An.…江澤アナウンサー、Dr.…三好院長]

#
An.:
前回は、三好先生が町内の全児童生徒の耳鼻科学校健診を担当し、スギ花粉症といったアレルギー疾患の疫学調査を実施していた北海道白老町のお話と、その歴史的背景について伺いました。いつ頃から、この調査に携わっていたんですか?
Dr.:
1988年に開始したので、もはや4半世紀になります。
An.:
それは長いですね!
Dr.:
この白老健診をきっかけに、チベットを含む中国、そしてブラジルなど南半球でも調査を実施していますから、時間的にも範囲の広さでも世界的といっていいでしょう。はっきり申し上げて、これだけの規模の調査は世界最大規模かも知れません(笑)。
An.:
白老町で最初の調査を行った先生のご先祖様に関するお話なんですが、歴史的な流れを見ると、幕末にロシアの南下がありましたよね。ロシアは西洋と東洋にまたがる広い国ですから、日本の場合、一番北にある蝦夷地がまず問題になるんじゃないかと思ったんですが。
Dr.:
さすが1を聞いて10を知る江澤さんですね。仙台藩が白老で、蝦夷地の3分の1を警備する拠点の基地である元陣屋を建設した1856年は、クリミア戦争の終決した年なんです。
An.:
クリミア戦争って聞いたことがあります。たしかナイチンゲールが活躍し、赤十字も有名になった戦争ですよね。
Dr.:
その通りです。それを機に、それまで医師主体だった医療体制が、病人のケアといった看護師の業務が重要視されるようになりました。ナイチンゲールの活躍がそうした流れを作ったんですが、このお話は別の機会にお話ししましょう。それはともかくクリミアなんですが、江澤さん、世界地図を見てください。ヨーロッパ、アフリカ、その間にある地中海が分かりますか。
An.:
先生、地中海を見つけました。
Dr.:
地中海の真ん中に、長靴の形をしたイタリアが見えます。その南に、マルタがあって…。そういえば江澤さん、私は昔ダイビングをやっていたことがありまして、その免許取得のために講習を受けたのが「マルタ」でした。
An.:
まぁステキ! 先生は地中海まで講習を受けに行っていたんですね~。
Dr.:
親代々から伝わる、丸に田んぼの田と書くマークの会社でした。このマークをなんと読むか江澤さん、お分かりですか?
An.:
丸に田の字だから…マルタ。
Dr.:
そしてその会社は、岩手県にありました。つまり私がダイビングを教わったのは、地中海のマルタではなくて…。
An.:
岩手県にあって、丸に田んぼの田と書くマークの、古~い会社ですか!?
Dr.:
でもそれだとあまりに聞こえが悪いので、ダイビングの話になったら何も言わずに「マルタで習った」と人に言うんです。
An.:
…先生、本題に戻りましょう(笑)
#

クリミアまでの道のり

シュリーマン旅行記
Dr.:
地中海にあるマルタを東に行くと、イオニア海があって、その北はジブリの「紅の豚」で有名なアドリア海。アドリアを英語読みすると、何と発音するか分かりますか?
An.:
「エイドリアン」でしょうか?
Dr.:
その通りです。江澤さんは「ロッキー」というボクシングの映画を見たことがありますか?
An.:
シルヴェスター・スタローン主演のあの名作ですね。もちろん知っています。
Dr.:
「ロッキー」第1作のラストシーンで、主人公ロッキーが試合で健闘し、奥さんの名前を絶叫します。
An.:
「エイドリアーン、エイドリアン!!」とですよね。私は、あれを見て泣いちゃいました。
Dr.:
その「エイドリアン」は、このアドリア海に由来する名前なんです。そして、地中海をさらに東へ進むとギリシャがあってエーゲ海に入ります。
An.:
ギリシャ神話で有名な美しい海ですよね。江澤は、憧れちゃいます。
Dr.:
エーゲ海の北東の端に、ドイツの考古学者、シュリーマンが発見したトロイの遺跡があります。
An.:
トロイの木馬で有名な幻の遺跡都市ですね。
Dr.:
このシュリーマンは幕末の日本を訪問し、その見聞記を書いています。
An.:
へぇー。そんなことがあったんですか?
Dr.:
シュリーマンがトロイの遺跡を発掘したのは、1871年でした。その少し前のことですが、65年に彼はインド、中国、日本と航海し、サンフランシスコへ向かいます。
An.:
明治維新が68年のことですから、シュリーマンの来日は、幕末のすごい風雲の時期だったことになりますね。
Dr.:
仙台藩の白老元陣屋が置かれた時代と、年代的に重なっています。それで、そのシュリーマンのトロイの遺跡からダーダネルス海峡を通ると、いよいよ黒海つまりクリミア戦争の舞台に近づきます。
An.:
お話は核心に向かって一路前進していますが、先生、お時間が来てしまいました。
Dr.:
残念。お話は次回へ続くということですね。
An.:
本日も面白いお話をありがとうございました。
#