3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

山形三たてそばを食う会 参加レポート 秘書課 葛西 沙保里

秘書課 葛西沙保里 秘書課 葛西沙保里

寒ざらしそばで殿様気分

4月21日(日)に、山形三たてそばを食う会に参加し、今回は「ゆうすい庵」の寒ざらしそばを堪能させていただきました

寒ざらしそばとは、秋に収穫した蕎麦を大切に保管しておき、真冬の冷たい流水に一週間ほどさらしてから、雪の上で乾燥させるという大変手間が掛かって出来上がるものだそうです。
流水にさらすことで、蕎麦独特のえぐみが抜け、あっさりとした爽やかなお蕎麦に味を変えるとのこと。
江戸時代には将軍様にも献上されていたため「御前そば」とも呼ばれ、御殿様など一部の人しか味わえないお蕎麦だったと伺いました。

まず初めに、茄子の漬物やめずらしい甘草の天ぷら、桜えびの入ったとっても大きなかき揚げをおつまみにしながら日本酒を少しずつ口に…。
今回で二回目の参加となりますが、三好耳鼻科の葛西といえば呑む(笑)という素敵な称号も付けていただき、日本酒を呑みながら、皆さんとお蕎麦を待ちました。

彩りも綺麗だったおつまみが無くなる頃、待ちわびた寒ざらしそばが登場。
前回教わった、挽きたて・打ちたて・茹でたての「三たて」を逃さない様急いでお蕎麦を噛み締めると、ほのかに香りと甘みを残した蕎麦のように感じました。かつおの香りの効いたつゆとも良く合い、あっという間に一枚食べてしまいました。

おかわりに違うお蕎麦もいただき食べくらべをすると、力強い蕎麦の香りも味わうことが出来、今回も新しいお蕎麦を知った一日になりました。
また家族を連れて行きたいと思います。

天ぷら 天ぷら
寒ざらしそば 寒ざらしそば
カロリーゼロの玉コンを手に、霞城公園で森秘書と カロリーゼロの玉コンを手に、霞城公園で森秘書と
#
#