3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

げんき倶楽部杜人

~シリーズ 学校健診その8~

 耳・鼻・のどに関する病気を扱う「三好耳鼻咽喉科クリニック」の三好彰院長は、耳鼻咽喉の診療に携わって30年余り。今回は昨年9月にfmいずみで放送された内容を紹介する。

An.…江澤アナウンサー、Dr.…三好院長]

#
An.:
三好先生、前回は先生のご先祖が行っておられた北海道白老町で、先生が学校健診を開始されたこと、そしてご先祖のおられた幕末はクリミア戦争と同じ時期であったこと、についてお話を伺いました。
 お話が日本だけじゃなくって、ロシアや地中海まで遠征してしまって。……江澤の頭は混乱しそうです(笑)。
Dr.:
優秀な江澤さんが、その程度で音を上げるとは私には信じられません。お話を続けます。
An.:
江澤も気を取り直して、しっかり勉強します。
Dr.:
幕末のころはロシアが南下し、クリミア半島のある黒海を制覇しようとしました。
An.:
それはなぜですか?
Dr.:
ご存じのように、ロシアはヨーロッパからアジアにかけて広い面積を占めています。ただそのほとんどは陸地で、当時の重要な交通機関である船が出入りできる港はありませんでした。
An.:
ロシアの北にある北極海は、船の活動には向いていませんよね。
Dr.:
その通りです。北極海は冬になると凍結するので、年間を通じての使用には無理があります。かといって、当時ロシアの首都だったサンクトペテルブルクの目の前のバルト海は、北欧3国に挟まれていて、ロシアの艦隊が通過するには、かなりの危険があります。ロシアが国際的な活動を行うには、地中海につながる港が必要でした。
An.:
あ! それで黒海、そしてクリミア半島のお話になるんですね。
Dr.:
ロシアは大国だったトルコの領海の黒海に進出しようとして、クリミア戦争に突入します。トルコは当時、ウクライナやエルサレムまで領地として所有する、歴史上の大国家だったんです。
An.:
どうしてその戦争にナイチンゲールが出てくるんですか?
Dr.:
トルコに味方して、英国やフランスが参戦したため、英国のナイチンゲールの出番がやってくるんです。
An.:
でも、なぜ英国が参戦したんですか?
Dr.:
シャーロック・ホームズシリーズを読むと、登場人物のワトソン医師がインドで英国軍に加わっていたことになっています。その時期、インドを植民地にしていた英国にとって黒海周辺はインドへの交通路でした。そこをロシアが占領したものですから…。
An.:
なるほど、シャーロック・ホームズを読めば全ての謎が解けるんですね(笑)
#

恐怖のゲンコツ麻酔とは

クリミアの地図 クリミアの地図
Dr.:
クリミア戦争が起こり、そこで前回少し触れたナイチンゲールの活躍が有名になるんです。
An.:
医療関係の話題でしたら、先生のご専門では?
Dr.:
クリミア戦争当時は外科手術といっても、まともな手術方法が開発されていたわけではありません。戦闘でけがをした兵士が出血死しないように、けがをした手足を切断して包帯を巻く程度のものでした。手術のための痛み止めの麻酔だって、当時のヨーロッパにはありませんでした。
An.:
それなら手術は、すごく痛かったのでは?
Dr.:
冗談半分に今でも私たちは「ゲンコツ麻酔」と呼んでいます。当時は、強いお酒を患者の口に含ませ、小銃の銃床で後頭部を殴り付け、患者が気を失っている隙に、けがをした手足を一気に切断するなんてことがあったみたいです。
An.:
想像するのも嫌ですね。麻酔は、当時のヨーロッパにはなかったんですか?
Dr.:
「三国志」で三国時代の蜀の将軍、関羽(かんう)が腕の手術を受けたという伝説的な名医の華佗(かだ)が麻酔術を心得ていたとされます。
An.:
お話は三国時代に飛ぶんですね!
Dr.:
医学の歴史上では、華岡青洲(はなおかせいしゅう)という江戸時代の日本の外科医が、1804年に世界で初めて全身麻酔で乳がんの手術を行ったといわれています。その技術は当然、鎖国中の日本からヨーロッパに伝わることはありませんでした。ですからクリミア戦争で傷ついた兵士たちは、無残にも「ゲンコツ麻酔」で手足を切断され、放置されていたに等しかったんです。そこに現われたのが、白衣の天使ナイチンゲールでした。ちなみに、当時のヨーロッパでは外科医というジャンルが確立していませんでした。
An.:
ブラック・ジャックはヨーロッパにはいなかったんですね。
Dr.:
ヨーロッパ医学では、古くから内科医のドクターはいたんですけどね。分厚い書物の知識を脳みそに詰め込んで、ふんぞり返って診断し、厳かに薬を調合して処方する。それが当時のドクターでした。
An.:
外科手術はしなかったんですか?
Dr.:
当時は、なんと床屋さんが外科医を兼ねていて、彼らが戦場で負傷した兵士たちの手足を切断していたんです。
An.:
えー!! それは本当ですか!?
Dr.:
次回はそのお話です。どうぞお楽しみに。
#