3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

山形三たてそばを食う会 参加レポート 秘書課 森 千紘

山形三たてそばを食う会 参加レポート 秘書課 森 千紘

 2013年5月19日(日)、院長の代理で、5月の山形三たてそばを食う会に参加いたしました。
今回のそば会は、山形市やよいにある純手打ちそばの「きよすみ食堂」に行きました。

 実は、昨年の5月の会できよすみのそばを頂いたことがあり、今年も朝採りの山菜を味わうのを楽しみにしてきました。

 お店に到着して早速、採れたての山菜の料理がたくさんテーブルに運ばれてきました。

 うどのくるみ和え、わらびの一本漬け、たらの芽のごま和えやこごみのおひたしなど、どれも新鮮でおいしく、特にわらびの一本漬けは日本酒によく合いました。

 また、今回も揚げたての山菜の天ぷらが登場しました。

 今回は、こごみ、くわだい、ねまがり竹(姫竹とも言う)などを頂きました。野菜には無い山菜独特の良い香りと、サクサクとした食感がとても最高でした。

 今年も一度に様々な種類の山菜を頂けてとても嬉しかったです。

 そして、主役のそばの登場です。

きよすみは、二・八そばという、そば粉とつなぎの小麦粉の割合を8対2で打ったそばが看板です。

 食べるとそばの良い香りが口の中で広がり、コシがあって喉越しの良い麺がとてもおいしかったです。麺も程よい太さで、女性には食べやすいそばでした。

 シメは、つゆにそば湯をかけて、最後の一滴までそばを楽しみました。そば湯は、ビタミンやそばの旨味であるたんぱく質などの栄養もたくさんあり、余す所がなく、すべておいしく頂きました。

 私は、今回で4回目のそば会でしたが、何度食べても山形のそばは最高です。

 今回も、おいしいそばを食べる機会を与えて頂いた院長に心より感謝いたします。

うどのくるみ和え うどのくるみ和え
わらびの一本漬け わらびの一本漬け
たらの芽のごま和え たらの芽のごま和え
こごみのおひたし こごみのおひたし
お店の外観とご主人 お店の外観とご主人
#