3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

眩暈・めまい・メマイ……のお話(1)サッカーとめまい 三好 彰

 私の本業である耳鼻咽喉科領域で、つい先日、大きな話題となる出来事が起こりました。
 職業意識に目覚めた私は、今回はその解説にこのスペースを費やすこととしました。
 ちょっとした脱線ですが、「みみ・はな・のどのおはなし」の一部として、読み流してください。

BPPV

 ロンドン五輪に向けて特訓中だった、なでしこジャパンの澤選手が突然帰国しました。不思議なめまい発作に襲われて1ケ月の休養となった澤選手、病名は「良性発作性頭位眩暈(めまい)症」です。
 この病気は、当時余り知られていなかったため、週刊誌の中には歩いて笑顔で帰国した澤選手を不思議がって、話題にしたものもありました。
 けれど耳鼻科の中の、私のようなめまい専門医には、BPPVと略称されるこのめまいは、すごく有名な病気でした。

 耳の中の、めまいを感じる部位である三半規管に耳石という、やはり内耳の石が紛れ込んで発生するこの病気。普段はなんともないのに、頭を傾げてある特定の姿勢をとったときに、突然世界中がグルグル回る凄まじいめまいが起こるのです。吐き気もあってすごく気分が悪く、とてもサッカーどころではありません。

#

 耳から来るめまいに大抵は伴う、耳鳴りや聞こえの悪さはまったくなく、もちろん脳の症状も皆無です。
 このため多くのBPPV患者は、脳外科や耳鼻科を尋ねて彷徨うのですが、どこでも誰にも診断がつきません。

 けれどもこの難病(?)、めまい専門医ならその日のうちに、問題解決です。エプリー法という一種のめまい体操で、受診したその日にめまいは軽快するのです。
 澤選手以外にも長年のめまいで悩む方に、一度この「家と人」を見せて上げたいような、そんな気分です。

リヴァープレス社刊『家と人。』25号より リヴァープレス社刊『家と人。』25号より
#