3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

げんき倶楽部杜人

~シリーズ 学校健診その24~

 耳・鼻・のどに関する病気を扱う「三好耳鼻咽喉科クリニック」の三好彰院長は、耳鼻咽喉の診療に携わって30年余り。今回は2013年2月にfmいずみで放送された内容を紹介する。
[An.…江澤アナウンサー、Dr.…三好院長]

An.:…江澤アナウンサー、Dr.:…三好院長]

~シリーズ 学校健診その24~

An.: 三好先生、前回は馬(マー)軍団の陸上競技での驚異的な記録のお話から、その秘訣(ひけつ)といわれた冬虫夏草、そして高地トレーニングのお話だったはずですよね?
Dr.: それがなぜか、鉄腕アトムに話題がそれてしまって(笑)。話を戻します。冬虫夏草の名産地で標高5000mの地点にあるナチュには、チベット鉄道で移動します。このチベット鉄道は、ダライ・ラマ14世の生まれたシーニン市から25時間かけてチベットのラサ市へと長い旅路をたどります。
An.: 確かその25時間、ずっと高地を移動するので、酸素がすごく薄いんでしたよね?
Dr.: そうです。以前もお話ししましたが、標高5000mでは気圧が仙台市の約半分に低下します。それに比例して酸素の濃度も下がるので、まともに酸素を吸入できない状態となります。
An.: それって苦しそう(笑)。
Dr.: この酸素濃度の低下状態が続くと、いわゆる高山病になります。
An.: 高山病って、とっても怖そうですね。
Dr.: 要するに慢性の酸欠状態のことなんですけどね。さまざまな身体症状を伴いますし、軽く見ていると命に関わることもありますから、正確な理解は欠かせません。
An.: 具体的にはどんな症状なのでしょうか?
Dr.: 論文で調べてみると、まずは頭痛、それに吐き気や嘔吐(おうと)などの胃腸症状、目まいや立ちくらみといったこの番組ではおなじみの症状、疲労、衰弱や睡眠障害などの全身症状が見られるようです。二日酔いにそっくりの頭痛や、寒け、眠気も伴います。
An.: どうしてそうなるのでしょうね?
Dr.: 気圧の変動と酸素濃度の低下に人体が対応しきれないので、脳や肺に浮腫、つまり水膨れが発生するせいだと論文には書いてあります。
An.: 先生がご自身で体験されて、どのようなものでしたか?
Dr.: 私自身はチベットに10回ほど行っていますから、体でペース配分を覚えています。今では標高5000mでもそんなに苦痛を感じることはありません。でも、そういえば初めてチベットへ行った12年前には、空港からラサ市へ向かうバスの中でついうとうとしてしまった記憶があります。そのときは調査旅行の疲れかと思っていましたが、今考えるとあれは酸欠の一歩手前だったんですね!
An.: 本当に眠くなるんですね。

 

#

前の話 次の話

強いにおいが引き金に

Dr.: 次にラサ市へ行ったとき、前回お話しした冬虫夏草好きのメンバーが、初体験のラサ市に着いたその日の昼食ではしゃぎ過ぎまして…。
An.: 標高3640mの高地ではしゃいだんですね!
Dr.: 高地に到着して酸欠がひどくこたえるのは、実は数時間後なんですよ。それを知らずに騒いだので、昼食を取るためにレストランに入り、現地の料理のきついにおいを嗅いだ瞬間、突如すごい吐き気に見舞われて、そこであおむけに倒れてしまったんです。
An.: まぁ! それでどうなったんですか?
Dr.: 悪いことに、私たちの調査団にはおちゃめな人間が多くて…。そのメンバーの写真をばっちり撮っていました。
An.: そんなぁ! それじゃ、うっかり高山病になっていられませんねぇ(笑)。
Dr.: 高地で酸素が薄いものですから、自分では気付かなくてもコンディションは悪化していたんでしょうね。そこへ、慣れない香辛料のにおいを嗅いだものですから…。
An.: 「うっ」となってしまったんでしょうね!
Dr.: 以前お話ししましたが、においや味、つまり嗅覚と味覚は、五感の中でもどちらかというと生命に近い感覚と呼ばれていましてね。
An.: 五感というのは、確か聴覚、視覚、触覚、嗅覚、味覚のことでしたよね?
Dr.: 江澤さんは1を聞いて10を知るだけではなく、記憶力も抜群なんですねぇ。
An.: 先生、江澤はこれでも味には結構うるさくて、味覚や嗅覚関係の話題はばっちりなんです!
Dr.: そうでしたよね。おいしい物のことなら江澤さんにお任せですね。
An.: おいしい物とラジオ「3443通信」は江澤にお任せ、ですもの。
Dr.: 話を戻しましょう(笑)。嗅覚は他の感覚よりも緊密に、消化管につながる迷走神経という脳神経に接続していまして…。そうだ、江澤さん、空腹時においしい物のにおいを嗅ぐと、お腹がグーッと鳴ることはありませんか?
An.: 先生、fmいずみの前にレストラン街がありまして、お昼になるとそこからおいしそうなにおいがプーンと…。
Dr.: すると江澤さんの腹時計がお昼を告げるんですね(笑)!
An.: 確かににおい、つまり嗅覚と腹具合は密接に関連しているんだなぁと。体は正直ですものね。
Dr.:
 残念ですが、話は次回に続きます。
迷走神経と腹時計 迷走神経と腹時計

#

前の話 次の話