3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

fmいずみ ラジオ3443通信 耳の日(18)

An.:…江澤アナウンサー、Dr.:…三好院長]

fmいずみ ラジオ3443通信 アレルギー調査(2)目次

165 栗山村でのアレルギー調査

An.:  三好先生、前回はこれまで先生が行なってこられた、スギ花粉症を中心としたアレルギー調査について、まず調査の開始された北海道白老町での経緯について、お話を聞かせて頂きました。
 先生は白老町での調査の後に、今度は栃木県栗山村で同様の調査を実施しておられますけれど、これはどういう理由からなんでしょうか?
Dr.:  江澤さんもご存じのように、日本ではアレルギー性鼻炎の中でもスギによるそれが、もっとも多いわけです。
An.: スギ花粉症は、日本人の国民病(笑)だって、聞いたことがあります。
Dr.:  スギ花粉症が日本人の国民病となる前は、江澤さん、何が国民病だったんでしょうね? 文学少女の江澤さんならば、良く知っているかと思いますけれど。
An.:  江澤のこれまで読んだ本に、きっとなんらかのヒントが、隠されているんですよね、先生?
Dr.:  江澤さんの愛読書と、私の愛好するジブリアニメに、その最大のヒントが隠されています(笑)。
An.:  先生、それはきっと、堀辰男の「風立ちぬ」です。だって「風立ちぬ」は、ジブリの宮崎駿監督の最後のアニメ作品にもなりましたもの。
Dr.:  そのストーリーの中で、主人公たちが立ち向かわねばならなかった疾患、最後にはヒロインが生命を奪われることになった病気は? 江澤さん、何だったでしょうね。
An.: ヒロインが、サナトリウムでの孤独な生活に耐えてまで、どうしても治したかった病気でしたよね・・・・・・。
 三好先生、思い出しました。それは結核でした。
Dr.: 江澤さん。久しぶりに座布団1枚ですね。その日本人の国民病だった結核、昔は肺結核がその代表だったので、肺病という言い方をしたりもしたんですけど。
それが、目立たなくなったのは、いつ頃のことだったでしょうね?
An.: 江澤はこの肺結核のことは、それこそ堀辰男やジブリアニメでしか、知識がありませんから。かなり、以前のことかと。
Dr.:  それじゃ江澤さん。逆に、スギ花粉症などのアレルギー性鼻炎が目立つようになったのは、時代的にどんな状況だったんでしょう?
An.:これについては、江澤はこのOAの第60回で教えて頂いた記憶があります。リスナーの皆様のために、一部重複するのですが、繰り返しご説明します。
 第2次世界大戦の後、日本は復興のために全国の山々の木々を切り倒して、建築材料を確保しました。
 その甲斐あって、戦災で失われた街並はやがて不十分ながらも復活し、戦後の日本人の生活の役に立つようになります。
Dr.:  木々の切り倒された跡の山々は、どうなったでしょうか? 江澤さん。
An.: それまで緑によって覆われていた山々は、地肌が露出しハゲ山に近い状態となってしまいました。
Dr.:  山の緑は、もちろん生態系の保護つまり生物たちの住み易い環境づくりに、重要でしたけれども。それだけじゃあなくって、江澤さん?
An.: 山に生えていた木々には、保水力と言いますが、大雨が降ったときにその水分をキープする働きがあります。
Dr.:  それはつまり? 江澤さん。
An.: 台風などで山に大雨が降ったときに、山がすべて木々で覆われていれば、大雨は一時的に山々の木々に保持されて、一気に洪水を発生したりすることがありません。
Dr.:  と言うことは江澤さん。山々がハゲ山だったならば、洪水が起き易い・・・・・・?
An.:  江澤が本で読んだ知識では、戦後しばらく台風などの自然災害で、東京都など首都圏は大洪水の被害をしばしば被っていたとか。
Dr.:  江澤さんは、良くご存じですね?
 具体的には1947年の、キャスリン台風の例があります。
 江澤さん。戦後何年間か、台風にはアメリカ女性の名前が付けられていまして。
An.:  先生、それはなぜですか?
Dr.:  当時日本は、進駐軍の管理下にありまして、ですね。
 台風の名前も、進駐軍が決定していたんですよ。
An.:  きっと、アメリカ女性と台風とは、どこかしら似ていたんじゃあないかと(笑)。
Dr.:  そのキャスリン台風では、群馬県の赤城山と榛名山とに、約400ミリの豪雨が降ったんです。
 この豪雨で利根川の堤防が決壊し、東京都内だけで38万人が被災しています。
 それに対して、1950年前後全国的にスギ・ヒノキの植林が行なわれ、ハゲ山はほとんど見られなくなります。
An.:  難しい用語で言えば、治山・治水がなされたんですね?
Dr.:  その結果、1981年の台風15号のときには、同じ榛名山で590ミリの豪雨が降ったんですが、水害はまったく生じなかったんです。
An.:  治山治水の役に立ったスギ・ヒノキですが、こんどはそれが国民病の原因になってしまうんでしたね、先生?
Dr.:  以前にもお話しましたが、結核のような感染症から、スギ花粉症のようなアレルギー疾患へと、国民病は変わります。
 だけどそれは、病気の側だけに原因があるわけではなくって、人間側の生活環境の変動など、さまざまの要因が関わっているんです。
An.:  スギ・ヒノキの全国的な植林とか・・・・・・。
Dr.:  ですから、日本人のアレルギー性鼻炎について研究する場合、スギ花粉症をぬきにしては議論が成り立たないんです。
 ところが白老町は北海道ですから、基本的にスギの植林がされておらず、スギ花粉症は少ないんです。
An.:  それで先生は、栃木県栗山村での調査を企画されたんでしたよね!
 お話の続きが、とても楽しみです。
アメリカ女性に似た? キャスリン台風 アメリカ女性に似た? キャスリン台風

#

前の話 次の話