3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

fmいずみ ラジオ3443通信 アレルギー調査10

An.:…江澤アナウンサー、Dr.:…三好院長]

fmいずみ ラジオ3443通信 花粉症と大気汚染(再)目次

Dr.:  今年も花粉症シーズンが目前です。
今回は、以前OAの「スギ花粉症と大気汚染」にまつわる話題の再紹介です。

20 花粉症と大気汚染

An.:  三好先生、話題のスギ花粉症もいよいよ爆発寸前ですね。
Dr.:  そうですね。毎年発作に悩まされる方は、今からでも遅くないと思います。アレルギーの治療を、心がけておくべきでしょうね。
An.: 良く聞く話題なんですけれど、スギ花粉症がこんなに増えたのは、環境が悪くなったせいだって言われますよね? 特に、大気汚染が一番の犯人だって・・・・・・。
Dr.:  一言で言って、それはウソです。
An.:  ウソって、三好先生! 東京都でのディーゼル排気規制を始め、大気汚染対策はスギ花粉症予防策として、むしろ古典的と言えるオーソドックスな方法じゃないんですか?
Dr.:  実は、石原慎太郎・東京都知事に依るこれら排気規制と大気汚染対策は、すべて失敗しています。
 都知事が自慢していたこうした排気規制の結果、知事自身が生まれて初めてスギ花粉症になってしまったりして。
An.:  三好先生、今日も冗談ばっかり!
Dr.:  事実は小説よりも奇なり、順を追ってご説明しましょう。
An.: 三好先生、今日もゾクゾクするようなお話が伺えますね!
Dr.: そもそも、スギ花粉症が大気汚染の為に悪化する、そう認識されるに至ったのは、日光いろは坂における車両通行量とスギ花粉症増加傾向についての、論文が元でした。
An.: いろは坂を通過する車の量が増えたら、その近辺ではスギ花粉症が増加したって、有名なお話でしたよね?
Dr.:  その論文では、日光周辺の住民のスギ花粉症の頻度を長年調査していたところ、いろは坂の車の通行量のすごく多くなった時点から、住民の花粉症も激増したと書かれていました。
 たまたま時期的にも、さまざまの汚染物質の人体に及ぼす影響について、社会的議論の的となっていたタイミングでもあり、このアイディアはただちに有名になりました。
 本論文では結局、スギ花粉症を悪化させるのは、いろは坂を通行する車のディーゼル排気物質、それをDEPと略称するんですけれども、がアレルギー反応を亢進されるそのせいだ、と結論付けました。
An.: ああ、それでディーゼル排気の規制が始まったんですね!
Dr.:  そうなんです。それで10年前から、東京都内へのディーゼル・トラック走行制限が、実施されたんです。
An.: それじゃあ東京都内は、スギ花粉症がものすごく減少しちゃったんでしょうね?
 東京都民は、喜んでくれたのかしらね。
Dr.:  ところが、江澤さん、これはここだけのお話なんですけどね。実は、都内の花粉症患者の数は、まったく少なくならなかったんです。
An.: ウッソー!
Dr.:  それどころか、このディーゼル規制政策を言い出した当のこ本人、つまり石原都知事が生まれて初めてスギ花粉症になってしまったんです。
An.: ありえない・・・・・・、そんなこと、ありえない(笑)。
Dr.:  この、都知事自身による人体実験の結果、大気汚染によるスギ花粉症悪化説は、だれも信じなくなってしまって。
An.:  なんだか、可哀相。
Dr.:  そういう経過の後、日光いろは坂のディーゼル排気犯人説を見なおすと、違う結論が最初から・・・・・・。
An.:  最初から答は出ていた?
Dr.:  論文には、車両の通行量が増加すると、スギ花粉症が増加する、とはっきり書いてありました。その点は、私たちが本論文を読み直しても納得できます。
 しかしこの論文では、そこからいきなり飛躍して車のディーゼル廃棄物が原因、と断言しちゃった。
An.:  論理の飛躍、ですか。
Dr.:  いろは坂の通行量が増加する頃、恐らくいろは坂は舗装道路になったんじゃないかと思うんです。
An.:  車両の通行量が増加すれば、舗装は当然です。
Dr.:  するとそれまで、空中を飛んでいたスギ花粉が地面に落下した後、そのまま吸収されて再び舞い上がらなかったのに対し、舗装道路では・・・・・・。
An.:  地面に落ちた花粉は吸収されない、つまり消えて無くならないから、次から次に車の車輪が路面の花粉を巻き上げることになりますよね、三好先生。
Dr.:  それら、空中を2度も3度も舞い散っている花粉は、もう一度人間の鼻に吸い込まれてアンコールのスギ花粉症発作を起こし得る、とは江澤さんは思いませんか?
An.:  えっ、それじゃいろは坂のスギ花粉症増加は、大気汚染が原因ではなかった(笑)?
Dr.:  江澤さんは1を聞いて10を知るから、私たちとしても話しがいがあります。
 いえいえもっと、江澤さんには才能を発揮してもらいましょう。
 ズバリ、江澤さん、石原都知事のスギ花粉症対策は正しかったでしょうか?
 その後石原都知事は、ディーゼル規制を中止したみたいですけれど。
An.:  三好先生、それは歴史が証明していますから!
Dr.:  そうですね、東京都は排気規制政策を転換して、スギを伐採する政策を行なうようになりました。
 江澤さんは、座布団10枚ですね。
An.:  久しぶりのハワイですね! 江澤、嬉しいです(笑)。
 

産経新聞(2005年5月2日)「日本よ」より一部抜粋

石原 慎太郎
〝 先々月の二十一日首都三環状高速道路の最外側線、圏央道のあきる野市のインターチェンジの完成式に出席した。
 ようやく春めいて風もなく穏やかな日和だったが、飛んでいくヘリコプターから眺めると現地の辺りにうっすらと霞のごときものがたなびいて見える。
 「あれは、もうそろそろ春霞かなあ」
 といった私に現地担当の局長が、
 「いやあ、霞というより、花粉ではないでしょうかね」
 「なるほど、あれが世に言う花粉症の原因か」
 眺めなおすと辺りの山裾一面、やや褐色を帯びた、霧や霞とは違う色合いの気体の帯がたなびいている。
 「今日は風がないから、あれが都心にまで届くには時間がかかるでしょう」
 いわれながら、やがて花粉の原産地近くに舞い降りた。
 つまり我々は来る道すがら見た花粉の帯の下で行事を行った訳だが、帰宅してまもなく鼻や目という局部ではなしに体全体に何ともいえぬ違和感を覚えた。それがはっきり形をとって現れ出したのは翌日のことだが、かくして私もようやく流行に追いつき、生まれて初めて花粉症の被害者とあいなった。私だけではなしに同道していた屈強のSPまでが同じ症状となった。〟

院長が受けた取材記事
東京新聞(2005年11月20日)より一部抜粋

〝 これについて、花粉症問題に詳しい三好耳鼻咽喉科クリニック(仙台市)の三好彰院長は「大気汚染との複合説は学会の一部グループによる説にすぎず、因果関係が確定したものではない。厳しいディーゼル規制を実施して二年目の今年、石原知事が花粉症になったのが何よりの証拠だ。知事もようやく複合説の矛盾に気付いたのだろう」と話す。〟

 ディーゼル規制の言い出しっぺの石原都知事自身が、この政策の結果生まれて初めてスギ花粉症になってしまい、我が身をもって、ディーゼル悪者説の誤謬を証明してしまいました。


#

前の話 次の話