3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

fmいずみ ラジオ3443通信 ピアス8

◆番組情報
fmいずみ797「be a live」にて 毎週火曜10:20〜10:30まで放送中‼

An.:…江澤アナウンサー、Dr.:…三好院長]

fmいずみ ラジオ3443通信 ピアス(8)目次

190 失明の実態は?

An.: 三好先生、ピアスに纏わる都市伝説最大のナゾ、ピアスの「白い糸」について、真実追求のまっ最中です。
 ピアスを開けたその穴から、白ーい糸が出てきて、引っ張ったら目が見えなくなった。どうもホントのことらしいって。若い女性の間の、そんなお話です。
Dr.: この「目が見えなくなる」というストーリーは実はいろいろで、糸を引っ張ったら目玉がクルンとまわったとか、失明ではなく顔面神経マヒを生じて顔が曲がらなくなった。そういうお話も伝わっていて・・・・・・。
An.: 先生、顔面神経マヒと言いますと、江澤が伺った記憶では、脳から全身に直接届いている12対の神経があって。
Dr.: その12対の神経のことを、末梢神経つまり体の中から体の中へ走り回っている神経と区別して、「脳神経」と称します。
An.: たしか、第一番目の脳神経は嗅覚つまり匂いの感覚を担当しており、第二番目の脳神経は視覚を司っているとお聞きしました。
Dr.: 江澤さん、めまいや聴覚つまり聞こえに関する脳神経は何番目だったでしょうか?
An.: このOAの、5回目で教えて頂きました。めまいや聞こえは、第八番目の脳神経すなわち聴神経が担当しています。
Dr.: そして顔を動かし、表情を作る顔面神経は第七番目の脳神経なんです。
 なお、顔面神経と聴神経は脳を出た後、耳の奥の内耳を通過するんです。
An.: 内耳の機能を担当する聴神経は、脳から出て耳の奥にあるかたつむり管や三半規管に分布するんでしたよね、先生?
 それじゃ、顔面神経は内耳を通過して、どこに分布するんでしょうか。
Dr.: 顔面神経は、内耳そして中耳を通って、耳を被う側頭骨を外に出て、顔面の表情筋に至ります。
An.: 聴神経がダメージを負うと、めまいや聞こえの悪化が起こるわけですが、顔面神経のダメージでは?
Dr.: 顔が曲がり、口や目が閉じなくなります。このため、口から食事ことにスープなどの液体が摂取しにくくなります。
 外見上も顔面の片側がまったく動かなくなるものですから、顔面神経の機能の正常な顔半分の表情筋が動くと、顔全体が正常側に引き吊られるみたいな状況になります。
An.: 江澤はその表情、何かで見たことがあるような・・・・・・。
Dr.: 「おかめ」と「ひょっとこ」というお面がありますが、あの日本人にお馴染みの「ひょっとこ」は、それこそ顔面神経マヒに罹患した男性の表情をお面にしたものだとの、仮説もあります。
An.: ああっ! 江澤はそれであの表情に、子どもの頃からの古ーい思い出が重なるんですね(笑)。
Dr.: ひょっとこのお面はお祭りに用いられることから、顔面神経マヒそのものの病態とは少し異なります。でも、よく見るとマヒの特徴が読み取れる部分もあります。
An.: 三好先生、三好先生にお見せいただいているこの「ひょっとこ」のお面ですけれども。左目を閉じかけて口を左側に寄せ、顔の表情筋全体が左側で収縮しています。
Dr.: 逆の見方をすると、右目は閉じることができないのか、見開いたままです。顔面の表情筋も右側は力が入らないようで、弛緩しています。
 このお面が右側顔面神経マヒそのものならば、口の右半分はゆるんでいてよだれがこぼれ、左半分は口元がきりりと締まっているはずですが。
An.: そこはお祭り用ということで、そこまで厳密ではないのかも知れません(笑)。
Dr.: 現実の顔面神経マヒの表情ですと、閉まらない眼瞼つまりまぶたを無理やり閉じようとする努力に際して、反射的に眼球が突然上転するんですけれど。
An.: お面では目玉の位置が、それを被る人間の眼球の位置とずれていては・・・・・・。
Dr.: お面として役にたたない(笑)。
 だからひょっとこの面では、目玉は正常の位置に据えてあるんですが。
An.: 実際の顔面神経マヒの人がムリに目を閉じようとすると、眼球が上に向かってクルンと動くんですね(笑)。
Dr.: だんだん、深いナゾが解き明かされて来ましたね(笑)。
An.: 先生、江澤にはまだ、何が何だか、ピンと来てません(笑)!
Dr.: 江澤さん。本日のOAで解明されたことを、整理します。
 まず「白い糸」ですが、これは後程その正体をお目に懸けます。
 次に本日のOAで、内耳や中耳というミミの中を、顔面神経が走行しているという事実が再確認されました。
 この顔面神経にマヒが生じたり、それから中耳炎の手術などの最中に神経を傷つけるようなことが起きると、顔面の表情筋が動かなくなり、眼玉が閉じなくなります。
 そして・・・・・・。
An.: 閉じなくなった目玉をムリに閉じようとすると、眼球がクルンと回るんですね(笑)?
Dr.: そして、このお話のもっとも混乱の元となっているのは!
An.: 先生、それはなんでしょうか?
Dr.: ピアシングをするのは、確かに耳の一部ではありますが、耳たぶであって顔面神経の通過する内耳や中耳ではありません。
ひょっとことおかめ ひょっとことおかめ


#

前の話