3443通信3443 News

2020年12月号(No.310)

title

25年来のめまい

「この度は三ヶ月に渡り、左右の耳をエプリー法にて治療していただきました。
 私事で失礼致します。過ぐること二十五年前に突然のめまいにて救急搬送・入院し、病名“前庭神経炎”で以来この病を治すことは『できない』と再三、再四申し渡され、以後、常に平衡感覚を失い、ふらつき人生の始まりでした。
 ひたすら子等の成長を見届けたい一心で、今日に至りました。
 一日として、平安な心持ちになれずに不安が募り心身の不調があり、人知れず“並大抵でない努力”が必要でした。
 しかし、3443通信やホームページのことでめまいの治療が実際にあり、改善する旨を知り、老化は致し方ないとしても未来が開けたこと、どんなに救われたか言葉になりません。
 末筆ではございますが、三好先生をはじめ、看護師や技師の皆々さまの真摯にてお優しいお声に心より感謝申し上げます」

三好院長からのお返事

二十年以上もめまいでお悩みと伺い、そのご心労はいかほどかと察するに余りあります。
 めまいの原因は多様なもので、正確な診断と適切な治療が重要になります。
 少しでも、この方の助力となれたことは医師としてとても喜ばしいことです。
 貴重なお声を聞かせて頂き、ありがとうございます。

 

[前のページに戻る]